小さい子どもの剣道練習!楽しく剣道の動きを学ばせよう!

小さい子どもの剣道練習!楽しく剣道の動きを学ばせよう!

 

 

小学校1年生の友人の息子が剣道を始めたそうで、
時々私の学校に出稽古?に来るようになりました。
もちろん中学生と同じメニューをこなすのは無理ですし、
まだまだ防具を付けて稽古できる状態でもありません。

 

 


 

 

以前別の記事でも書きましたが、
そもそも小学校1年生の子が剣道をやることについて、
私はあまり良いとは思いません。

 

 

>>剣道を始める適齢期に進む

 

 

しかし、せっかく早めに剣道を始めたのならば、
その子の剣道人生の糧に少しでもしてほしいと思います。

 

 

友人の息子が来た時には、
できるだけ楽しく、運動量のある。
しかも剣道の基礎が養える。
そんなメニューを考えるようにしています。

 

 

今回は小さい子でもとりかかりやすく、
剣道の技術の向上につながり、
何より楽しい練習方法を考えていきましょう。

 

 

まずは小さい子の特性を考える

 

 

子どもに合う稽古方法を考える前に、
子どもは何が得意で何が苦手かを考える必要があります。

 

 

自分の子ども達もそうでしたが、
基本的に小さい子というのは飽きっぽいです。
せっかく用意したおもちゃを始めたとしても、
10分後には見向きもしないこともあります。

 

 

逆にすごくはまってくれれば、
何度も何度も繰り返しやることができます。

 

 

小さい子どもは疲れたという概念があまりないので、
やるときに全力で行うことができますが、
逆に疲れてしまうと、何もできなくなってしまいます。

 

 

子どもは自由に体を動かすことが大好きですが、
窮屈に決まった動きをさせられるが嫌いです。

 

 

ここまでの特徴をまとめてみましょう。

 

 

子どもの得意なこと
・楽しいことを何度も繰り返しできる。
・全力で行動することができる。
・自由に体を動かすことが大好き

 

 

子どもの苦手なこと
・興味がないとすぐに飽きてしまう。
・疲れてしまうと何もできなくなる。
・窮屈に決まった動きをさせられることが嫌い

 

 

こうしてまとめてみると中学生と、
というか大人とかなり似ている部分がありますね。
逆に言えば子どもが楽しくできる稽古方法は、
大人にとっても良いのかもしれません。

 

 

それではこの特性を踏まえて、
稽古方法を具体的に考えていきましょう。

 

 

子どもが楽しくできる剣道の稽古!

 

 

先ほど書いたように、小さい子どもは楽しいことが
何よりも大好きです。
そして体を動かして遊ぶことも同様に大好きです。

 

 

そこで私の場合は以下のような運動を取り入れています。

 

 

・スキップで武道場を周る
・左足のケンケンで武道場を周る
・防具をつけた状態で鬼ごっこ
・ボールを竹刀で打ち返す
・竹刀の先に鉛筆をつけて字を書く

 

 

スキップとケンケンについては、
かかとを床につけないで体を動かす練習と、
足のバネを鍛えるメニューです。
運動量はかなりあります。

 

 

スキップをしながらぐるぐる周るのは、
けっこうつらいメニューなのですが、
スキップをしていると楽しくなってくるのか、
生徒も含めてみんな笑顔でやっています。

 

 

防具を付けた状態で鬼ごっこをするのは、
袴を踏んだりして少し危ないのですが、
防具を付けている状態に体を慣れさせるという意味では、
とても効果があります。

 

 

剣道具を身に着けた状態というのは、
ジャージなどの運動着に比べて、
とても動きにくい状態であると言えます。

 

 

しかし、実際に剣道をやる場合には、
その恰好で動かなければなりません。
できるだけ剣道具を付けた状態で運動することで、
剣道具を身に着けた状態を慣れさせます。

 

 

慣れてしまえば、普段とそこまで変わらない
パフォーマンスを発揮できます。
初心者の新入生が入部したときには、
同様のメニューをいつも入れています。

 

 

ボールを竹刀で打ち返す、鉛筆をつけて字を書く
といったメニューは竹刀操作の向上です。

 

 

まっすぐ自分に投げられたボールを、
正面素振りの振り方で相手にまっすぐ打ち返します。
まっすぐ竹刀が降れていれば、ワンバウンドして、
まっすぐに相手の手元に戻っていきます。

 

 

簡単そうに見えますがこれが意外と難しいです。
中学生でもボールが横に行ったり上に飛んだり、
キャーキャーしながらやっています。
ボールはバレーボールくらいの大きさと重さがいいです。

 

 

竹刀に鉛筆をつけて字を書くのは、ほとんどうまくできません。
竹刀の微妙な操作と力加減が難しいので、
紙が破れたり、鉛筆の芯が折れてしまったり、
字は当然読めないものです。

 

 

しかし、竹刀の細かな操作をする意識と、
力の使い方を学ぶという意味では、楽しく効果的だと、
私は感じています。

 

 

ラダートレーニングや筋トレなど
他にも色々ありますが、少しゲーム性を持たせて、
楽しくできるようなメニューにしています。

 

 

>>ラダートレーニングに進む

 

 

中学生にも一緒にやらせていたのですが、
けっこうな運動量があるのですが、
楽しそうにみんなやっています。

 

 

笑顔で稽古をすることで、
つらい練習もつらくなくなるということを、
改めて認識することができました。

 

 

最後に

 

別の文章にも書きましたが、
私は息子を剣道嫌いにしてしまった経験があり、
どうしても小さい子どもに剣道をやらせるのは、
抵抗がある人間です。

 

 

しかし、他人の子どもで冷静に考えると、
今回書いたような練習方法もあり、
実際に友人の子どもは楽しそうにやっています。

 

 

あの時の自分にこういった考え方があれば・・・。
なんて思う時もありますが仕方ないですよね。

 

 

せっかく小さいうちから剣道をやるのならば、
将来楽しめるようにしてあげるために、
剣道は楽しいものだと感じさせてあげましょう。

 

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

初心者でも強くなれる!

 

>>剣道初心者の稽古法に戻る

 

>>剣道の試合に勝つ方法に進む

 

こちらもよく読まれているページです

剣道を始めたい人へ
剣道を始めたいと思う人の理由は色々とあります。始めるにあたって、悩みや不安もあると思います。しかし剣道を通して学べるものは数えきれません。
剣道の良いところ
サッカーや野球と比べたらかなりマイナーな剣道という競技。でもほかの競技には無い魅力がたくさん剣道にはあります。また、剣道を通して身につくものもたくさんあります。
試合で勝つより大切なもの
私は剣道のプロを育成するために剣道部の顧問になったわけではありません。もちろん試合に勝つことも大切ですが、それ以上に人間的な成長を私は求めてしまいます。
中学生から剣道を始めたい
私の学校には、毎年初心者の生徒がたくさん入ってくれます。というか、ほとんど初心者なので、経験者がきてくれると嬉しいのですが・・・(笑)別のページにも書きましたが、初心者ばかりの私の学校でも気持ちと努力次第で、十分経験者と同じように戦えるようになっていきます。しかし、そうはいっても、毎年5月に新入部員を対象に行う部活動懇談会では、保護者から不安の声が毎年のようにあります。今回は中学生から始めても大丈夫という話と、むしろ中学生から始めたほうが良いこともあるという話をしていきたいと思います。
剣道をやめたい人へ
剣道は冬は寒いし、夏は暑い。打たれたら痛いし、しんどいこともたくさんあります。 でもせっかく始めた剣道。やめるのはもう少し待ってみませんか?
剣道が上達する方法
剣道を上達させるのは、長い練習時間や厳しい練習だけではない。剣道を意識して生活することが何より大切。家でもできる剣道の練習方法などを紹介。
剣道部の顧問ってどんな人
最近は体罰などがニュースでよく流れる剣道部の顧問。そんな剣道部の顧問に不安や疑問を持つ人も多いと思います。私が出会った剣道部の顧問の先生をもとに、少しだけ顧問について紹介します。
剣道女子の髪型
どんな髪型でも面をかぶれば一緒ですが、髪型によって面をかぶりやすかったり、髪型が崩れにくかったりするものがあるのは確かです。ここでは剣道女子の髪型はどんなものが適しているのかについて書いていきます。
応援旗や手ぬぐい!
剣道を始めたい、やめたい、強くなりたい。習ったらどんないいことがあるの?良いところは? どんなことでも剣道に興味のある人はぜひ見てください。
剣道に身長は関係あるのか?
私は小学生のころ、背が低くて背の高い年上の子と稽古をすると、体格差のせいで面を打つことができず、悔しい思いをしました。しかし、身長差があるから試合で勝てないかというとそういうわけではありませんでした。背が低いなら低いなりに戦い方を考えて、足を使って下を攻める剣道のスタイルに変わっていきました。剣道は対人競技にしては珍しく、体格差がそれほど試合の結果に影響しません。と、いわれていますが、中学生に関して言えばやはり体格が剣道に影響すると言わざるを得ません・・・。今回は剣道における体格差について書いていきます。
六三四の剣でやる気アップ!
ある時、私の好きな剣道マンガをモチベーションの下がっている生徒に貸してあげたことがあります。(本来学校にマンガを持ってきてはダメです笑)休み明けにその生徒は、すっきりしたような顔で稽古に取り組んでいました。剣道をやっていない時に、剣道を頑張っている人のマンガを読むことが効果的だということを、その時に初めて知りました。ここでは、私が生徒に時々薦めている、私の好きな剣道マンガ六三四の剣を紹介します。
公立中学校で全国制覇!
江島良介という人物をみなさんはご存知でしょうか?恥ずかしながら、私は全く存じ上げませんでした。時々読んでいる剣道日本に連載されていた記事を読んで、初めてこのような先生がいらっしゃるということを知りました。私が知る限り、公立中学校の剣道部顧問で江島先生以上の先生は、おそらく後にも先にも出てこないでしょう。それくらいすごい指導者としての戦績を残しています。今回は私が尊敬する(といってもお会いしたことは無いです)江島良介先生について書いていきたいと思います。
17回世界剣道選手権大会の感想
剣道の世界大会は、1970年より、剣道の国際的普及を目的に、3年に一度開かれる大会です。前回大会は日本で開かれ、見事優勝をしました。今回は宿敵韓国で開かれるということで、かなり厳しい戦いになることが予想されていました。ちなみに2006年大会以外は、日本はすべて優勝しています。結果から言うと、男女個人団体ともに、すべて日本が優勝しました。ただ、今回の試合を見て、色々と思うところがありましたので、少し書かせてもらおうと思います。
リバ剣する人した人へ!
剣道部の顧問をしていると、時々保護者の方が、昔剣道をやっていた!といった場合があります。何を隠そう私自身も高校時代から、12年ほど剣道から離れていて、剣道部の顧問になったタイミングで、再び始めたリバ剣士です(笑)剣道という競技の良いところは、いくつになっても始められるし、いくつになっても続けられる。これが一番だと思います。今回は私自身や、まわりのリバ剣士を見て、再び剣道を始める時のポイントについて、私なりに書いていきたいと思います。
剣道を始める時期や年齢のベストは?
どうしても剣道独特の動きや、竹刀を振る時の力の入れ方や抜き方というのは、中学生までに習得しておいた方がいいのです。これはゴールデンエイジという、科学的に証明されている、スポーツを習得するための機会が、中学生の年齢が最後だからです。しかしながら、あまりにも早めに始める。たとえば未就学児の状態で始める。というのは、私は意味が無いように感じます。今回は剣道を始める年齢や時期で、いつが一番いいかを考えていきましょう。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ