剣道を通して伝える、今の中学生に必要なもの

剣道を通して伝える、今の中学生に必要なもの

 

 

今の中学生に必要なものは

 

 


 

 

私が剣道部の役割として大切なのは、
生徒たちの普段の生活の中に足りていないものを補うこと
だと思っています。

 

 

大人から厳しく指導されたり、
あきらめずに最後までやり抜いたりすることの苦手な子は、
昔より確実に増えています。しかし、
大人になって社会に出た時に、それは通用しないのです。

 

 

世の中の考え方が、子どもを大切に守ることに重きを置いています。
もちろんそれ自体は間違っていませんし、
私も生徒たちを大切に考えています。

 

 

ただ行き過ぎた守りはただの過保護になってしまいます。
子どももいつか大人になり、
この国を背負って立つ人間にならなければなりません。

 

 

ここでは、今の中学生に足りていない部分と、
それをどうやって補っていくか私の考えを書いていきます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

最近の中学校の現状

 

 

 

私が教師になって20年近くがたちました。
私が教師になった90年代と比べると、
生徒をとりまく環境は大きく変わりました。

 

 

家に帰ってからも気軽に携帯電話で連絡が取れるようになり、
生活は便利に、そして豊かになりました。
生活が便利になった結果、生徒たちはより成長できているのでしょうか。

 

 

残念ながら徐々に、でも確実に
生徒の「生きる力」は無くなってきています。

 

 

人とうまく接することができない生徒

 

学校にうまくなじめず不登校になる生徒

 

ちょっとしたことに傷つき、保護者に守ってもらおうとする生徒

 

 

私が教師になったころには、ほとんどいなかったような生徒が、
私の体感としてクラスの20%以上をしめるようになりました。

 

 

世の中の流れでしょうか、教師も生徒に、
そして保護者にかなり気を使いながら生活しています。
残念ながら私自身も、こういった教師の一人です。

 

 

生徒が悪いことをして指導したら保護者からクレームがきた。
何ていうのは日常茶飯事です。

 

 

こうなってしまうと、教育の本来あるべき姿とはかけ離れてしまいます。
悪いものは悪いと、ガツンということも大切であると私は考えています。
しかし、結局大きな世の中の流れを変えることは私にはできません。

 

 

最近の先生は情熱が無い

 

 

なんて知ったような口をきくコメンテーターに、
あんたらメディアのせいだろ!
と心の中で叫んだことも一度や二度ではありません。

 

 

それでも生徒にとって必要なことならば
やはり教師として伝えなければなりません。
ありがたいことに、私には剣道部という生徒に考えを伝えやすい場があります。

 

 

部活の中だけでも
、私が思う大切なことをストレートに伝え続けています。

 

 

今の中学生に伝えたいこと

 

 

 

私は剣道部の生徒たちに、
挨拶や返事、整理整頓を大切にするように伝えています。
それ以外にも全力を出すこと、あきらめずにやること。

 

 

数え上げたらキリがないくらいたくさんのことを、
毎日少しずつですが伝え続けています。

 

 

しかし、生徒に一つだけ力をつけさせられるなら

 

 

自分で自分の道を切りひらいていく力をつけてほしい

 

 

と思っています。挨拶や返事ができなかったとしても、
身の回りが少々汚くても、
自分でこれからの生きる道を考え進んでいく力があれば、
生きていくことができるでしょう。

 

 

何か嫌なことがあったときに、親や先生にすぐ頼るのではなく、自分で解決する。

 

周りの人や環境のせいにせず、自分がそこで楽しくできるようにしていく。

 

 

本来学校というのは、そういったことを学ぶ場なのではないでしょうか。
もちろん勉強も大切ですし、宿題などの課題を提出することも大切です。
でも、勉強だけなら家でもできます。
塾に行けば能力に合わせて学校よりも
効率的に学習を進めることができるでしょう。

 

 

それでも学校が存在しているのは、
人と人とのつながり、小さな社会を経験することで
将来自分で生きていく力を養うためだと思います。

 

 

今の剣道部の生徒は、多少のトラブルでは私や親に頼ったりしません。
部活の運営もできるだけ生徒に任せるようにしています。
もちろん私がやったほうが、上手に効率的にやることはできます。

 

 

しかし、そういった経験から学ぶことは、
何よりも大切な力になっていくのです。

 

 

私の自己満足なのかもしれませんが、
これからもここは大切な部活の軸にしていきたいと考えています。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

顧問としての考え方あれこれ

 

>>指導者の考え方に戻る

 

>>剣道初心者の稽古法に進む

こちらもよく読まれているページです

部活で全力を出す!
一度でも全力を出したことのある人間は、その後も全力を出すことができます。自分の限界点を見ることができるからです。しかし、多くの生徒(世の中のほとんどの人)は、全力を出したことがありません。全力を出させるには、全力とはこういうものだと、無理やり生徒にやらせる方法もありますし、生徒自身が限界点をあげていく方法もあります。ここでは生徒の全力を引き出すために、私が行っている方法について書いていきます。
荷物整えない生徒達
生徒がアップをしていたり、休憩して別の場所に移動したりしたときに、荷物のチェックに私は行きます。もし汚い状態で荷物を置いていた場合は、必ず呼んできれいにさせるようにしています。なぜ私がそこにこだわるのか。それをやることでどういった良いことがあるのか。ここでは自分の持ち物をきれいに並べることの大切さについて書いていきます。
剣道部と体罰
剣道部の顧問が体罰をしたというニュースが年に1回くらい流れます。表に出ていないだけで、もっと多くの体罰があると思われます。ここでは剣道と体罰の関係について、私なりの考えを書いていきます。
剣道部の保護者
現在の学校の部活では、保護者の方の理解が無いと生徒が成長する場を与えてあげることが難しくなっています。今回は保護者と部活の関係について書いていきます。
部活での越境入学ってどうなの?
公立中学校の強豪校の中には、越境入学をしている生徒が在籍している場合があります。本来ならば、その学校ではない学校に行くはずの生徒が、様々な手段を使って、強豪校に入学するのです。そういった方法で学校を変わる生徒は、剣道の上手な子がほとんどでしょうし、すぐに越境入学の噂が広まります。今回は公立中学校と越境入学について書いていきます。
剣道部をつくるには!
剣道部に入りたいと思っている人のなかで、進学する中学校に剣道部が無く、困っている人も多いと思います。剣道部はマイナーな競技なためか、潰されてしまうことが多い部活です。剣道部が無いのなら、ぜひ作ってほしい!そう思う保護者の方も多いと思います。しかし、部活をつくるというのはそんな簡単なものではありません。今回は剣道部の無い中学校で剣道部をつくるためにはどうすればよいのかということについて書いていきます。
中学校の部活はブラックか
最近ブログやツイッターを中心に、中学校の部活動のありかたについて議論がでてきています。ブラック企業ならぬブラック部活なんていう言葉もでてくるほどです。ここでは中学校の部活動をどうするべきなのか、ということを書いていきます。
剣道部を良くしたい@
私が今の学校に勤めて9年ほどが経とうとしています。最初はだらだらしていた生徒たちばかりだった剣道部も、今ではかなりキビキビと動いて練習ができるようになりました。私の経験が、現在剣道をやっている部活や剣道教室の参考になればと思います。
剣道部を良くしたいA
私が今の剣道部の顧問になって9年がたとうとしています。最初のころと比べると部活の雰囲気はとても良くなりました。雰囲気が大きく変わったきっかけは、小さな大会での入賞でした。ここでは、結果によって部活の雰囲気を変えていくという話をします。
生徒が練習メニューを考える
私も稽古のメニューは生徒に提案してやることが多いです。しかし、稽古の地盤ができた後は、できるだけ生徒達でメニューを考えさせやるように指示しています。やらされることよりも、やろうとしていることのほうが、上達が早いです。それに自律した気持ちを持たせるためにも、稽古内容を自分達でコーディネートすることは大切です。ここでは、初心者だった生徒たちが、自分達でメニューを考えてやれるようにするまでの流れを書いていきます。
剣道部に入る経験者!
経験者といっても、私の学校に来る生徒は、レギュラーにいきなりなれるような生徒ではありません。ただ学校によっては、強い新入生が入ってきて1年生なのに夏の大会に出ていたりすることもあるでしょう。私の学校が所属する地域でも、そういった学校があり、うらやましいと感じることがよくあります。しかし、そういった学校の顧問の先生と話をすると、経験者ばかりの学校ならではの悩みもあるそうです。今回は剣道経験者が部活に入る時の注意点や、どういった問題が起きやすいのかについて書いていきます。
レギュラー争いで剣道は強くなる
レギュラー争い!そう聞くと、ギスギスしていたり、精神的にきつかったりと、悪いイメージがつきまといます。しかし、世の中で争いのない世界は、ほとんどないはずです。まあ教員は無いんですが・・・。人間というのは順位をつけられたり、他の人に負けていたりした時に、努力をしようとするものです。いや、努力ができる人間であるべきです。剣道に限らず、強豪校というのは、レベルの高い生徒達が、その中で、レギュラーを争っているものです。甲子園などで100人以上の応援する生徒を見ると、甲子園に行くよりも校内でレギュラーを取る方が難しいのではないかと感じてしまいます。今回はレギュラー争いが、強い選手をつくるという話を書いていきます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ