剣道の癖を直すには大げさな動きを!手も足もこれで直る!

剣道の癖を直すには大げさな動きを!手も足もこれで直る!

 

 

剣道をやっている人の中で癖の無い人はいません。
いえ、これは剣道に限った話ではありませんね。
なくて七癖、あって四十八癖ということわざがあるくらいですので、
生きている中で多くの癖をみんなもっているはずです。

 

 

その癖が時には試合で有利に働く場合もありますが、
致命的に上達を邪魔している場合もあります。

 

 


 

 

例えば右手に力が入りすぎて、まっすぐ竹刀を振れない。
例えば打突時に身体が前傾になりすぎてしまう。

 

 

同じように正しく教えているつもりでも、
生徒も様々な癖を身につけて、
そのせいで上達できない場合があります。

 

 

今回はその癖の直し方について考えていきましょう。

 

 

そもそも癖はなぜつくのだろうか?

 

 

 

 

癖について辞書を引くと
「偏って(普通でない)仕方を繰り返して、ついた習慣」
という意味だそうです。

 

 

ここでポイントは「繰り返してついた習慣」
という部分ですね。

 

 

誰しも初めはその動作を何気なく始めるものです。
それが1回きりのものであれば、癖では無いのです。
何度も繰り返していくうちに、それが染みついてしまい、
無意識にやってしまうようになった時、癖になるのです。

 

 

まずは悪い癖がつく前に、正しい動作を何度も繰り返し、
正しい動作を習慣化して、
動作自体を悪い癖にしないようにする
これが大切なことなのです。

 

 

では悪い癖がつく前というといつなのでしょうか。
これは、剣道を始めた時だと考えられるでしょう。

 

 

初心者が多い私の学校では、最初のころは、
しっかりと見て、徹底的に正しい動作を繰り返します。
それでも悪い癖がついてしまう子がいますが、
割合としては少ないと感じています。

 

 

問題はしっかりと指導されていない状態で、
経験者として入部してくる生徒です。

 

 

私の学校にも時々経験者の子が入ってきますが、
とてつもない悪癖をつけて入ってくる子がいます。
その子はその状態で何年も剣道をやっていますので、
からだにべったりと染みついてしまっています。

 

 

これは小学校の低学年くらいで始めた子に多いです。
言葉で理解する力が低い年齢の時に、
とりあえず剣道をやらされていた子は、
癖を直すこともできずにそのまま過ごしているのです。

 

 

>>中学校で剣道を始めるメリットに進む

 

 

そういった悪癖を直すにはいったいどうすれば良いのでしょうか?

 

 

大げさな動きで癖を修正する

 

 

癖を直す時に、どうしても正しい状態に持っていこうとして、
正しい状態について説明しがちです。

 

 

例えば、よくある構えた時の左足が、左方向に開いている状態。

 

 

上の画像の左側問題の状態で、多くの場合、
右側の状態にするために、左足の向きを、
まっすぐにするように注意するでしょう。

 

 

しかし、本人は元々まっすぐのつもりで構えていますので、
すぐに左足は開いてしまい、癖は直りません。

 

 

こういった場合も大げさな指導を行うことで、
生徒はかなり意識がしやすくなります。
私の場合ですと、左足の先を右に向けなさい。
こういった指導になってきます。

 

 

イメージとしては上の画像のように指導します。
もちろんこの状態は正しい状態ではありません。
しかし、こういった形を意識することで、
正しい状態に持っていくのです。

 

 

もう一つ例をあげましょう。
前傾姿勢で打突してしまう生徒の場合、
身体を起こしてまっすぐな状態で打たせようとします。
しかしこれでは、良くて多少直って終わりです。

 

 

結局本人は正しい姿勢で打っているつもりなので、
また前傾になってしまうでしょう。

 

 

そもそも前傾姿勢で打つ生徒は、
左足に体重をしっかり乗せることができません。
それならば過剰に左足に体重が乗るように、
身体を後ろにそらせて打つようにさせてみましょう。

 

 

打つ格好としてはかなり不格好ですが、
これを何度か繰り返しやらせてから、普通に打たせると、
身体がまっすぐになっている場合がほとんどです。

 

 

打つ前に右足を浮かせて、左足だけの状態にするのも、
体重を後ろに持っていくにはいいかもしれません。

 

 

こういった大げさな動作によって、
生徒の悪癖を少しずつ直していくのが、
私の学校の練習方法です。

 

 

最後に

 

 

中学校の理科の授業の中で、
酸性とアルカリ性と中性の勉強があります。

 

 

覚えてらっしゃらない方もいると思いますが、
酸性の液体にアルカリ性の液体を混ぜると、
中性の液体ができるという実験です。

 

 

悪い癖を酸性だとすると、多くの先生は、
中性(正しい動作)に近づけようと、水を加えます。
しかし、水を加えても酸性の液体は酸性のままです。

 

 

それならば、反対の悪い癖(アルカリ性)を加えて、
一気に中性にもっていった方が早いのではないか。
そんなことを考えながら私は指導をしています。

 

 

もちろんこれだけで一瞬で直るものではありませんし、
継続的な声かけは必要になってきます。
ただ、生徒自身がどうすれば直るかを知っていれば、
「また前に戻ってるよ」そんな言葉がけですみます。

 

 

毎回注意されるよりは、直し方を知って、
自分で意識できた方がいいですよね。
みなさんに試していただけると幸いです。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

初心者でも強くなれる!

 

>>剣道初心者の稽古法に戻る

 

>>剣道の試合に勝つ方法に進む

こちらもよく読まれているページです

剣道の基本は声【声の特徴】
剣道で絶対的に必要なもの。それは声です。 しかも歌のようではなく、剣道に向いている声の出し方というものがあります。
大きな声を出す雰囲気づくり!
声を出さない、出す気がない生徒というのも、顧問を始めた最初のころは、少なくない人数でいました。正直言えば、かなりお手上げ状態だったのを覚えています(笑)声出す気がないなら剣道やらなくていいよそんな言葉がいつも喉まで出かかっていました・・・。今回は声を出す気が無い生徒に、当時私がどのように対応したのか声を出すのが当たり前の現在にどうしてなったのかを、書いていきたいと思います。
左足が開く原因!
足さばきに注意してみた時に、見つけるクセの一つに、左足がまっすぐではなく、左に開いているという状態です。初心者で左足が開いている子の多くは、打突した時に少し右に体が開いてしまいます。蹴り足である左足が開いているので、当然と言えば当然ですね。剣道においてまっすぐに打っていくというのは、とても大切なことです。今回は左足の開きが起きる原因と、その直し方について書いていきます。
新チームのルールを徹底!
学校では3月に卒業式があり、4月に始業式が行われます。4月の最初にどれだけ生徒に多くのことを定着させられるかが、1年間のクラスを決めるといっても過言ではないくらい、クラスのスタート時は大切な時期です。3年生の先輩が涙を流した記憶が新しい状態でそのまま新しくスタートできる部活動において、新チームのスタート時がある意味、一番モチベーションが高い時期かもしれません。ここでは新チームのスタートの大切さについて書いてきます。
剣道の基本は声【練習方法】
剣道で必要なもの。それは大きな声です。大きな声は誰でも出せます。ただ、出し方を忘れてしまっているだけです。声が小さくて悩んでいるひとは、ぜひ声の出し方の練習をしましょう。
剣道に筋トレは必要か?
ここでは剣道に適した体型や、剣道をやるうえで最低限必要な筋力とは何か。筋トレは剣道で必要なのか。といった剣道をやるうえで大切な筋肉について書いていきます。
剣道で行う筋トレメニュー
無理なウェイトトレーニングは必要ないという考え方は今も変わっていません。しかし、筋トレを行うメリットと、必要性も最近感じるようになってきました。特にある程度体のできている中学生女子については、 筋力があれば、それだけ相手にぶつかり負けない、 強い身体をつくることができます。今回は筋トレについて考えていきたいと思います。
まずは筋トレで剣道の試合で有利に!
中学生で筋肉ムキムキになるのは難しいですし、剣道を続けていく中で必要な筋力は、稽古の中で自然についていくという考え方は、今も変わっていません。しかし、中学校の部活をやっていると、テスト期間や部活停止期間が設定されており、どうしても筋力が落ちる期間があります。女子はこの傾向が顕著です。さらにいうと、初心者の多い私の学校では、必要な筋力が全くない生徒というのが、ほとんどであるという現実もあります。そこで積極的に筋トレを取り入れて、落ちてしまったり、足りなかったりする筋力を、筋トレによって補っていこうという考えで、私も稽古の中に筋トレを取り入れることにしました。
初心者の試合練習
練習をどれだけしても試合でそれが出なければ意味がありません。普段の練習と同じようにやろうとしても、やはり試合には試合なりの緊張感や動きがあるのです。特に初心者はここがなかなか分かりません。ここでは練習中に試合を導入することによる効果について書いていきます。
剣道での男子と女子の違い
男子には男子の女子には女子に適した指導方法というものがあります。特に女子の場合は指導方法を考えなければ、中々強くなることができません。ここでは、私が感じている男子と女子の剣道の違いと、それが起きる理由について書いていきます。
剣道男子の指導方法のコツ
ある程度の雑さが男子の指導では大切です。あまりにもきめ細やかに指導しようとすると、思い通りにやらない男子にイライラしてしまいます。ある程度自分たちに任せながら、ポイントを押さえて指導する。これが男子の指導で大切な部分です。
剣道女子の指導方法のコツ
私が剣道部の顧問になって、最初にぶつかった壁は女子の指導でした。私が男だからでしょうか技術指導ももちろんそうですが、生活指導面でもかなり手を焼きました。しかし、指導を続けていく中で、自分なりに女子部員の指導のコツが見えてきました。
剣道を楽しんでやるコツ
私自身選手時代は、練習前に憂鬱な気分になることが多かったです。しかし、それでも剣道を続ける人がいるのは、楽しい部分があるからなのです。ここでは剣道を楽しく続けるコツを紹介します。
初心者の足さばき指導!
剣道の動きの基本は大きく振りかぶり打突を踏み込みと同時に行うというものです。私はこの基本を両方なくした状態で初心者に指導しています。こういう書き方をすると基本を無視しているように感じるかもしれませんが、そうではありません。基本を大切にしたいからこそこの2つをあえて初心者指導から除いているのです。今回はこの指導方法とそれをする理由を書いていきます。
気剣体の一致をやめる?
剣道において一本の基準、つまり有効打突の基準は気剣体の一致であると言われています。気とは充実した気勢剣とは正しい竹刀操作体とは体勢のことで正しい踏み込みこの3つが気剣体です。大きな声で刃筋正しく踏み込んで打つという部分は大切です。これが無ければ一本の基準に達しないでしょう。しかし、足の踏み込みの一致という部分は、私の感覚として必要ないと思っています。足の踏み込みを一致させなくても良い理由を紹介します。
剣道で左足がはねる原因と直し方!
よく左足が跳ねてしまって、注意されている人がいます。私の学校の生徒にももちろんいます。左足が跳ねてしまうと、足の引きつけができず、打突が腰の入っていない、前傾姿勢になってしまいます。この跳ね足が直せずに困っている方。今回の内容を読んでいただければ、ほぼ確実に直ると思いますよ。
初心者が悩む足の踏み込み
初心者が毎年10人くらい入ってくる私の学校の剣道部ですが、剣道ノートに書かれている悩みには、毎年同じようなものがあります。その中でも、足の踏み込みについては、必ず質問されますし、最初にぶつかる壁です。剣道の言葉で一眼二足三胆四力という言葉があります。今回は初心者の踏み込み練習について紹介します。
剣道のセンスって?
みなさんの周りにも「センス」という言葉で、評価されている選手がいるはずです。ただ、気を付けてもらいたいのは、「センス」という言葉だけで評価してしまうことで、その選手の良さやクセをひとくくりにしてしまうことです。そもそも、「センス」という言葉を安易に使うこと自体、私はあまり好きではありません。かといって「センス」というもの自体が存在しないかというと、そういうわけでもありません。今回は剣道におけるセンスとは一体何かということについて書いていきたいと思います。
剣道が上達する考え方!
剣道は簡単に上達しない。一回の稽古じゃ何も変わらない。そんな言葉をよく耳にしますが、私は違うと考えています。逆に言うと毎日毎回の稽古の中で、変化したものが何もないことがありえません。私の学校の生徒には、剣道ノートを通じて、本日の課題を明確にさせるようにしています。そうした課題とは別に、大きな目標も設定させます。大きな目標を達成するために、細かい課題を毎日少しずつ解決していく。そういった考えかたが、成長を促します。今回は剣道を上達するための考え方について書いていきます。
剣道で打突の姿勢をよくする方法?
構えた時に姿勢が悪い選手の多くは、やはり結果もあまり良くないように感じます。実際に県大会以上の上位大会の選手は、立ち姿が美しい選手が多いです。立ち姿が悪いというのは見た目だけではなく、 姿勢が悪いまま打突をした場合、必ずと言っていいほど、打突の姿勢が悪くなります。剣道の有効打突の条件に、適正な姿勢をもってという言葉があるように、有効打突にもつながっていくのです。今回は姿勢が良いことによる剣道のメリットと、姿勢の強制方法について書いていきます。
剣道は手首の使い方で強くなる!
剣道の場合は、素振りや基本打ちだけでは、剣道で必要とされる繊細な竹刀操作が、なかなか身につかないのです。そのため、竹刀操作を身に付けるための練習を、意図的に組み込んであげる必要があります。これを行うことによって、手首の使い方が分かり、竹刀操作がより繊細なものに変わります。今回は私の学校で行っている、竹刀操作の技量を上げるための稽古方法を紹介します。
打突が弱い原因は竹刀の握り方
竹刀の握り方というのは、剣道を始めたばかりのころに、必ず指導されているものです。しかし、私も含めて指導者の方は、この握り方を継続して教えるということを、さぼりがちだと私は思います。慣れている私達からすれば、正しい竹刀の握り方というのは、当たり前のことなので、これができていないとあまり考えないのです。しかし、この握り方が悪いせいで、打突が弱かったり、打突後の姿勢が悪かったりするので、とても大切なポイントだと言えます。今回は竹刀の正しい握り方と、それを見極める方法を考えていきましょう。
剣道の試合で打突が軽い人へ
先日練習試合があった際に、私の学校の生徒が、打突が当たっていても、中々一本にならずイライラしている。そんな場面がありました。生徒審判で行っているので、その子は審判のせいだと思っているようでした。しかし、私が審判をやっていても、彼女の打突で旗を上げることは無かったでしょう。その理由は打突が軽いからです。男女問わず初心者の生徒が伸び悩む理由に、打突が軽いことがあります。その原因は色々ありますが、そのままで上達することはありません。今回は打突が軽いと感じられる原因と、その解決方法について書いていきます。
剣道初心者が家でもできる足さばき
私の学校では初心者の生徒が多いのですが、一番効果のあった練習は、足さばきのトレーニングから入ることです。素振りや打突の練習は全て後回しにして、徹底的に足のトレーニングを行います。逆に言えば、竹刀を振ったりする部分は、足さえ正確にしっかりとできるようになれば、後からいくらでもできるようになります。また、足さばきだけで言えば、普段のチョットした時であっても、家の中でも簡単に行うことができます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ