剣道をやりたくなる六三四の剣!モチベーションアップ!

剣道をやりたくなる漫画!六三四の剣!大好き!

 

 

 


 

 

剣道をやりたいと思っている人も
いや、剣道はもうやめたいと思っている人も
剣道に対してモチベーションが上がることが
嫌な人はいないと思います。

 

 

普段の練習の中で剣道のモチベーションが上がってくれれば、
それにこしたことは無いのですが、
それもなかなか難しいと思います。

 

 

私の学校の生徒も、見ていて

 

ああ、この子モチベーション下がっているな

 

と感じることがあります。

 

 

そんな時に、剣道ノートで励ましたり、
直接声をかけて話をしたり、
色々と手は打ちます。

 

 

>>剣道ノートの書き方に進む

 

 

しかし、それだけで簡単には、
モチベーションが上がることはありません。

 

 

ある時、私の好きな剣道マンガを
モチベーションの下がっている生徒に
貸してあげたことがあります。
(本来学校にマンガを持ってきてはダメです笑)

 

 

休み明けにその生徒は、
すっきりしたような顔で稽古に取り組んでいました。

 

 

剣道をやっていない時に、
剣道を頑張っている人のマンガ
読むことが効果的だということを、
その時に初めて知りました。

 

 

ここでは、私が生徒に時々薦めている、
私の好きな剣道マンガ六三四の剣を紹介します。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

剣道マンガの金字塔六三四の剣ってどんな話?

 

 

私が心から大好きなのが
剣道マンガの金字塔『六三四の剣』です。

 

 

剣道をやっている私くらいの年代の方には、
あまりに有名すぎるマンガではないでしょうか。

 

 

今でも時々読み返す時がありますが、
心にグッとくるものがありますね。

 

 

生徒に貸した時も、
まず間違いなく楽しんでくれているので、
現在の子にも良さが伝わるマンガだと思います。

 

 

簡単にストーリーを紹介します。

 

 

六三四の剣のストーリー

 

剣道岩手県大会を制した夏木夫婦の元に男の子が生まれる。
誕生日時が6月3日の午後4時であることから、
六三四と名付けられた。

 

 

六三四は両親の影響から、
3歳の時に剣道を始める。

 

 

六三四が小学校1年生の時、父親の栄一郎は、
出場した剣道大会(全日本選手権大会)
で優勝をしたものの、自身の先輩である
東堂国彦との試合中に負った傷によって死亡。

 

 

東堂への恨みを抱いた六三四だったが、
その息子であり最大の好敵手となる
東堂修羅と互いに切磋琢磨し、
剣道を通して成長してゆく。

 

『週刊少年サンデー』において
1981年17号から1985年41号にかけて連載。

 

いやあ、これだけでは良さが伝わりませんね。
どうすれば伝わるか?
やはり読んでもらうしかないですよね笑

 

六三四の剣のちょっとおかしなシーン??

 

 

六三四の剣の作者は、
『JIN-仁-』を描いている村上もとかさんです。

 

 

先ほど載せたストーリーのように、
剣道を軸に話が展開していくのですが、
その中で六三四の人間的な成長
当時小学生だった自分の胸を熱くしました。

 

 

作者の村上先生自身は、
剣道をやったことがあるわけでは無いそうです。

 

 

そのため、
小学生の六三四が上段をやったり、
高校生の乾 俊一が二刀流をやったりと、
ルール上おかしな場面もあります。

 

 

 

 

上のシーンは、自分の竹刀の刀身を触っているので、
この時点で辞めがかかって反則ですよね。笑

 

 

また、稽古方法も変わっていて、
山にこもって武者修行をしたり、
離れ小島に住んでいる老人に習ったり、
体当たりで5mくらいふっとばしたりしています。笑

 

 

マンガなどである程度
脚色されているところがあるのは確かです。
しかし、そんなことも気にならないくらい
熱くなる場面の多いマンガです。

 

私の好きな六三四の剣の場面

 

この中ではすべてを語れませんので、
ぜひ読んでほしいのですが、最後に、
私の大好きな場面を紹介します。

 

 

父、栄一郎が死んだ日の夜、
六三四は冬の空の下で、父親に素振りを見せるために
涙を流しながら千本素振りをします。

 

 

 

 

最後の最後に六三四は我慢できず岩手弁で
涙を流しながら、生き返ってけろと叫びます。

 

 

 

 

父親になった今、昔とは違う感覚ですが、
このシーンを読んで涙が出てきました。

 

 

六三四の剣で、私が好きな場面の
画像を検索している時に知ったのですが、
六三四の剣がパチンコになっているんですね。

 

 

私自身パチンコは全くやらないのですが、
六三四の剣を見るためだけに行ってみようかと思います笑

 

 

最後に

 

今回は完全に私の趣味的な話になってしまいました。笑

 

 

今回の話を描くうえでいろいろと調べていたのですが、
六三四が以前行われた岩手国体の、
ポスターに採用されていました。

 

 

さすが岩手でもっとも有名な剣道選手笑
嵐子とセットなのがまたいいですね。

 

 

みなさんも剣道に対しての
モチベーションが下がってしまった時などは、
ぜひ、六三四の剣を読んであげていきましょう!!

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

剣道の魅力を語ります

 

>>剣道に興味のある人へに戻る

こちらもよく読まれているページです

剣道を始めたい人へ
剣道を始めたいと思う人の理由は色々とあります。始めるにあたって、悩みや不安もあると思います。しかし剣道を通して学べるものは数えきれません。
剣道の良いところ
サッカーや野球と比べたらかなりマイナーな剣道という競技。でもほかの競技には無い魅力がたくさん剣道にはあります。また、剣道を通して身につくものもたくさんあります。
試合で勝つより大切なもの
私は剣道のプロを育成するために剣道部の顧問になったわけではありません。もちろん試合に勝つことも大切ですが、それ以上に人間的な成長を私は求めてしまいます。
中学生から剣道を始めたい
私の学校には、毎年初心者の生徒がたくさん入ってくれます。というか、ほとんど初心者なので、経験者がきてくれると嬉しいのですが・・・(笑)別のページにも書きましたが、初心者ばかりの私の学校でも気持ちと努力次第で、十分経験者と同じように戦えるようになっていきます。しかし、そうはいっても、毎年5月に新入部員を対象に行う部活動懇談会では、保護者から不安の声が毎年のようにあります。今回は中学生から始めても大丈夫という話と、むしろ中学生から始めたほうが良いこともあるという話をしていきたいと思います。
剣道をやめたい人へ
剣道は冬は寒いし、夏は暑い。打たれたら痛いし、しんどいこともたくさんあります。 でもせっかく始めた剣道。やめるのはもう少し待ってみませんか?
剣道が上達する方法
剣道を上達させるのは、長い練習時間や厳しい練習だけではない。剣道を意識して生活することが何より大切。家でもできる剣道の練習方法などを紹介。
剣道部の顧問ってどんな人
最近は体罰などがニュースでよく流れる剣道部の顧問。そんな剣道部の顧問に不安や疑問を持つ人も多いと思います。私が出会った剣道部の顧問の先生をもとに、少しだけ顧問について紹介します。
剣道女子の髪型
どんな髪型でも面をかぶれば一緒ですが、髪型によって面をかぶりやすかったり、髪型が崩れにくかったりするものがあるのは確かです。ここでは剣道女子の髪型はどんなものが適しているのかについて書いていきます。
応援旗や手ぬぐい!
剣道を始めたい、やめたい、強くなりたい。習ったらどんないいことがあるの?良いところは? どんなことでも剣道に興味のある人はぜひ見てください。
剣道に身長は関係あるのか?
私は小学生のころ、背が低くて背の高い年上の子と稽古をすると、体格差のせいで面を打つことができず、悔しい思いをしました。しかし、身長差があるから試合で勝てないかというとそういうわけではありませんでした。背が低いなら低いなりに戦い方を考えて、足を使って下を攻める剣道のスタイルに変わっていきました。剣道は対人競技にしては珍しく、体格差がそれほど試合の結果に影響しません。と、いわれていますが、中学生に関して言えばやはり体格が剣道に影響すると言わざるを得ません・・・。今回は剣道における体格差について書いていきます。
公立中学校で全国制覇!
江島良介という人物をみなさんはご存知でしょうか?恥ずかしながら、私は全く存じ上げませんでした。時々読んでいる剣道日本に連載されていた記事を読んで、初めてこのような先生がいらっしゃるということを知りました。私が知る限り、公立中学校の剣道部顧問で江島先生以上の先生は、おそらく後にも先にも出てこないでしょう。それくらいすごい指導者としての戦績を残しています。今回は私が尊敬する(といってもお会いしたことは無いです)江島良介先生について書いていきたいと思います。
17回世界剣道選手権大会の感想
剣道の世界大会は、1970年より、剣道の国際的普及を目的に、3年に一度開かれる大会です。前回大会は日本で開かれ、見事優勝をしました。今回は宿敵韓国で開かれるということで、かなり厳しい戦いになることが予想されていました。ちなみに2006年大会以外は、日本はすべて優勝しています。結果から言うと、男女個人団体ともに、すべて日本が優勝しました。ただ、今回の試合を見て、色々と思うところがありましたので、少し書かせてもらおうと思います。
リバ剣する人した人へ!
剣道部の顧問をしていると、時々保護者の方が、昔剣道をやっていた!といった場合があります。何を隠そう私自身も高校時代から、12年ほど剣道から離れていて、剣道部の顧問になったタイミングで、再び始めたリバ剣士です(笑)剣道という競技の良いところは、いくつになっても始められるし、いくつになっても続けられる。これが一番だと思います。今回は私自身や、まわりのリバ剣士を見て、再び剣道を始める時のポイントについて、私なりに書いていきたいと思います。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ