ミライモンスター妹尾舞香選手特集から学ぶ女子の剣道指導!

ミライモンスター妹尾舞香選手特集から学ぶ女子の剣道指導!

 

 

ミライモンスターという番組をご存知ですか?
私も時々見るのですが、
将来有望な若い選手を紹介する番組です。

 

 

その中で中村学園の妹尾舞香選手の特集がありました。
妹尾選手の強さやすごさはもちろんですが、
私は剣道部の練習を見て、
女子指導のポイントを改めて考えました。

 

 


 

 

剣道部は不思議な部活で、
男子も女子も同じ場所で同じメニューを行う
そういった学校が多いと思います。

 

 

老若男女問わずできる競技が剣道
それがひとつの魅力ではあります。

 

 

とはいっても、やはり男子と女子では、
根本的な違いがあるのは確かです。

 

 

>>男子指導方法のコツに進む

 

 

>>女子指導方法のコツに進む

 

 

ここでは特に女子に特化した練習方法を
ミライモンスターで紹介された内容を中心に、
考えていこうと思います。

 

 

女子に足りないのは筋力

 

 

中村学園は週に三回筋トレを取り入れているそうです。
専門のコーチも呼んで本格的に、
トレーニングを行っているそうです。

 

 

道着の上からわかるくらいに、
体がしっかりと鍛えらていました。
体感もしっかりとしていて素晴らしいですね。

 

 

女子と男子の一番の違いは、
当然ながら筋力ということになります。
以前筋トレについては別で記事にしました。

 

 

>>剣道に筋トレは必要か?

 

 

この記事の中で書かせていただきましたが、
中学生の成長段階を考えると、
ムリな筋トレは体にかなり負荷をかけます。

 

 

しかし、最低限竹刀をしっかりと振れる、
筋力は必要だと思います。

 

 

残念ながら女子の初心者の子の中で、
竹刀をしっかりと振れる筋力がある子は、
ほとんどいません。

 

 

それは剣道で使う筋肉というものが、
普段使わない筋肉なのが大きな理由でしょう。
ではどれくらいの筋力をつければ良いのか?

 

 

私は片手で竹刀を30本軽く振れる
というのを一つの基準だと思っています。
1年間でようやくこのレベルになりますが、
やはり竹刀の使い方はかなり変わってきます。

 

 

逆に言うと、この筋力を考えずに、
男子と同じように指導している先生が、
すごく多いように感じます。

 

 

まずは竹刀をしっかりと振れる筋力を、
その上で色々なことを教えないと、
変なクセがつく原因になると思います。

 

 

そのためには筋トレもかねて、
やはり竹刀をできるだけ振るのが大切です。
タイヤ打ちができれば最高ですが、
そうじゃなくても、手首だけで竹刀を振るだけでも良いです。

 

 

最低限の筋力がつくまでは、
しっかりと続けるといいでしょう。

 

女子の声の出し方

 

 

中村学園だけに限りませんが、
強豪校の女子の体操や素振りでの声の出し方は、
共通点があるように感じます。

 

 

かなり甲高い声で短く発声しています。
イチ・ニイ・サンではなく
イッ・ニッ・サッというように、
一気に息を吐きだすような発声です。

 

 

中村学園とは別の強豪高校の、
この声の出し方を見た時に、
最初はとても不思議に思いました。

 

 

しかし理由もなくこんなことをしないので、
私なりに分析をしてみたのですが、
おそらく打突直後の声の出し方を、
しっかりと意識するためだろうと考えます。

 

 

剣道では打突と同時に声を出しますが、
めぇぇぇええええん!
というように後半の声を大きくしても、
旗は中々上がりません。

 

 

めえええええぇぇぇん
というように最初の声がはっきりと大きく
出せるようにすることが大切です。

 

 

意外と声を大きくすることだけに気がいって、
どういう風に大きく出すかまで、
考えていない生徒が多いです。

 

 

この発声で体操や素振りをやることで、
最初にハッキリとした発声をできるようになる。
そしてそのためにやっている。
私はそう考えています。

 

 

女子はメンタル指導が大切

 

 

中村学園の練習内容を見て、
一番驚いたのは、練習時間に
ミーティングを取り入れていることです。

 

 

強豪校が稽古時間を丸々つぶして、
ミーティングを行うというのは、
本当に意外でした。

 

 

しかし、これは女子高の剣道部で、
女子しかいない部活ならではだと思います。

 

 

男の私にはあまり分かりませんが、
女子は話をしたり聞いたりすることが、
とても好きな子が多いです。

 

 

自分の意見を言って集団を良くする。
自分の意見を集団に受け入れてもらう。
その結果帰属意識が高まっていく。

 

 

そしてそういったことが女子チームには、
とても大切なのです。

 

 

女子は男子以上にメンタル次第で、
試合結果が大きく変わってきます。
逆に言うとメンタルがしっかりしていれば、
結果もおのずとついてくるのです。

 

 

そのメンタルを安定させるためには、
話をして集団への帰属意識を高める。
これがとても大切なのです。

 

 

私も積極的に話し合いを設けるようにしていますが、
もう少し踏み込んだ内容でやってみようと、
ミライモンスターを見て考えさせられました。

 

 

最後に

 

 

個人的には、女子の指導の方が私は好きです。
それは、女子の方が指導した通りに、
しっかりとやろうとする子が多いからです。

 

 

また、気持ちが前を向いたときに、
グッと力がついて伸びていくのも、
チームで声をかけ合って支え合うのも、
男子以上に強いように感じます。

 

 

チーム内での揉め事が起きるのは、
時々めんどくさいと思いますが、
引退した後もよく顔を出してくれたり、
後輩の面倒をみてくれたりするのも、
女子の良いところのように感じます。

 

 

ミライモンスターで紹介された、
日常での妹尾選手の姿も、
普通の高校生な感じがして、
とても微笑ましく思いました。

 

 

世界選手権大会のメンバーに、
選ばれているということで、
ますます注目されている妹尾選手
これからも頑張ってほしいですね!

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

稽古に臨みましょう

 

>>稽古メニュー内容に戻る

 

>>初心者の練習方法

こちらもよく読まれているページです

切り返しのやり方
剣道の段審査の中でも、筆記試験で切り返しの目的と効果について問われることがあります。それほど剣道において切り返しというものは、基本的な動作を習得するために大切なものであると考えられています。
切り返しも種類がたくさん!
私の学校では切り返しにたくさんの時間を使っています。なぜかというと、切り返しの中には剣道において大切なことがたくさん詰まっているからです。しかし、毎回同じ切り返しだけを延々と繰り返しては、生徒も飽きてしまいます。一口に切り返しといっても種類がたくさんあります。ここでは練習にぜひ取り入れてもらいたい切り返しの種類について紹介します。
剣道部の目的別稽古メニュー
その年、その年で足りない部分が違うので、常にではありませんが、よく全体の強化練習として取り入れるのは以下のものです。1打突後に足と体が止まってしまい、体が前に出ない2相手の技を避けるだけで応じ技が出せない。こちらに特化した練習方法を紹介します。
剣道部の稽古メニューの組み方
剣道の稽古と一口に言っても、内容は様々です。稽古中にはたくさんの練習内容が入っています。素振りや足さばきの練習も大切なのですが、中学校の部活だと冬の時期などは、中々時間が取れません。私の学校では、強化する部分を中心とした稽古メニュー作りと時期によるベースとなる稽古メニューを組み合わせて行っています。今回は私の学校の練習メニューを簡単に紹介したいと思います。
グループで行う稽古メニュー!
剣道は対人競技ですので基本的に稽古は2人組で行います。一般的に回り稽古と呼ばれる稽古方法で練習しているところが多いでしょう。私の学校でも基本打ちなどは基本的に回り稽古で行っていますし、全体に指示を出したりする時にはやりやすい稽古方法です。しかし効率を考えると、あまり良くはありません。1回1回相手を変えて行うため時間のロスがかなり生じます。冬場などの時間がない時には、連続して生徒達に行わせた方が運動量や稽古量を確保できます。今回はグループで行う効率的な稽古方法を紹介します。
ラダートレーニングの利用
最近では剣道部にもラダートレーニングを積極的に取り入れている学校も多いようです。実際に私の学校も朝の練習時間に筋トレと同時にラダートレーニングを取り入れています。サッカーやラグビーと同じラダートレーニングを剣道に取り入れても、もちろん効果はあります。しかし、剣道独特の動きに合わせたラダートレーニングを取り入れることでより効果的な稽古をすることができます。
剣道ノートの活用方法!
剣道ノートという言葉を聞いたことがありますか?簡単に言えば、自分の剣道についての内容を一冊のノートにまとめていったものです。つまり剣道に関する自分の日記のようなものです。私の学校では、毎日朝練集の時間に生徒に剣道ノートを提出させています。そのノートに朱書きを入れて、生徒にはその日のうちに返却しています。正直言うと、読むのに時間がかかりますし、手間のかかるものではあります。しかし、剣道ノートを通して生徒の成長を見ることができたり、生徒が悩んでいることを把握できたりします。ここでは私が学校で取り入れている剣道ノートについて紹介していきます。
武道場で一番練習できること
剣道の稽古は、広い武道場や体育館で行うのがやはり大切です。せっかくの武道場や体育館での稽古。そこでしかできない練習をすることが大切です。 ここでは私が考える武道場や体育館でこそ、積極的に練習すべきことを書いていきます。
社会体育として登録
私の住む地域でも土日の部活動が制約されてしまい月に4日は土日や祝日などの部活動を休みにしなくてはならなくなりました。時代の流れとして仕方のないことかもしれませんが、私のように部活をできればやりたいと考えている教師にとっては、この制約はかなりの痛手となっています。そこで私は部活動とは別に社会体育としての剣道教室を立ち上げることにしました。部活動ではなく社会体育として全く別物の扱いで行うというものです。今回の社会体育についての内容は時代の流れや 教師としての立場としては間違っている行動かもしれません。しかし、もっと部活動をやりたいと考えている人へのひとつのアドバイスとして紹介していきたいと思います。
手の内を強化すれば冴えが出る
剣道初心者の人が分からないものに、 手の内の使い方、冴えがあるでしょう。 私の学校の生徒も初心者ばかり。 手の内の使い方というものが、 全く持って分かっていない子ばかりです。 いかんせん姿勢や足さばきと違い、こうすれば手の内の冴えが出るよ!といった伝え方が難しいのですが、これができなければ、試合には勝てません。こればかりは自分なりに手の内の冴えを理解し、実際にできるようになるしかありません。ここでは手の内の強化と、そのトレーニング方法を紹介します。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ