剣道の基本は声!声が出ない人はこの練習方法を!

剣道の基本は声!声出しで決まる【練習方法】

 

大切な声の出し方を学ぼう!

 

 

 


 

 

剣道において、大切なことは何か?
そう聞かれたら、私は間違いなく

 

 

大きな声を出すこと

 

 

と答えます。
どれだけ技が良くても、早い打ちができたとしても、
声が出なければ一本にはなりません。

 

 

私は大きな声が出ません。
そう思っている人もいるかもしれませんが、
大きな声が出ないのではなく、
体が出し方を忘れてしまっているだけです。

 

 

ここでは、剣道で大きな声を出したいと思っている人に、
大きな声が出るようになる練習方法を
紹介したいと思います。

 

 

そもそも声を出す気がない人は下の記事をご覧ください。

 

 

>>剣道で声を出す気がない人はに進む

 

 

 

 

声を出すための練習方法

 

大きな声を出しなさい!
と、どれだけ言っても、声が上手に出せない生徒は、
中々大きな声が出ません。

 

 

そんな生徒には、別で大きな声を出すための
練習をすることにしています。

 

 

大きくて通る声を出すためのトレーニングとして、
私が導入している練習方法は以下の3つです。

 

 

大声トレーニングの方法

 

1 ペットボトルを股にはさんで声を出す。

 

2 割り箸を口にはさむ発声練習

 

3 稽古中にとにかく発声練習

 

ペットボトルを股にはさんで声を出す

 

 

これは吹奏楽部の先生に
教えてもらった練習方法です。
やり方は簡単です。

 

 

水の入った2Lのペットボトルを
またにはさんで声を出します。
下の写真のように筒状にしたタオルでもいいです。

 

 

絵面(えづら)がアホみたいですよね。(笑)
生徒達も恥ずかしそうにやります。

 

 

しかし、やってみるとわかりますが
声の出かたが全然違います。
びっくりするぐらい声量が変わります。

 

 

これは
下半身が安定して、腹から声が出る
のが大きな理由です。

 

 

同じような練習方法として
防具袋を両手で持って声を出したり
中腰の状態で声を出したり
下半身を安定させて声を出す練習方法は色々あります。

 

 

手軽にできる練習方法なのでぜひやってみてください。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

割り箸を口にはさむ発声練習

 

 

こちらは合唱部の先生に教えていただいた練習方法です。
これは割り箸を二膳用意して、
奥歯で噛んだ状態で声を出す練習です。

 

 

割り箸をかむことによって、
のどの奥がひらいて、声が出しやすくなります。
先ほどのペットボトルの練習と同時にやることが多いですね。

 

 

こちらもやってみると分かりますが、
のどの奥がひらく感じがよく分かります。

 

 

大きな声を出すと、のどを痛めてしまい、そ
れが嫌で声を出さない生徒がいます。

 

 

のどを開いて声を出す感覚を覚えてしまえば、
のどを痛めず大きな声を出すことができます。

 

 

また、同時に頭に声が響く感じも体験できます。
ボイストレーニングとしてはわりと一般的な練習方法みたいですね。
下に参考動画を載せておきます。

 

 

ちなみに動画の中では、
専用の道具を使っていますが、これを割り箸でやります。
当たり前ですが、ケガの無いようにだけ気をつけてください。

 

 

さきほどのペットボトルの指導方法もそうですが、
夏休みなどの時間があるときには、
他の部活の先生に指導をお願いする時があります。

 

 

他にも陸上部の練習に参加して、
体幹トレーニングの指導をお願いするときがあります。
逆に剣道部に陸上部が来て、素振りをする時もあります。

 

 

他競技に上達のヒントがたくさんありますので
剣道以外の競技にも目を向ける
ことも大切ですね。余談でした。

 

稽古中にとにかく発声練習

 

 

稽古中に声を出す。こ
れは当たり前のことだと思われるかもしれません。
しかし、稽古中のどのタイミングで声を出していますか?

 

 

おそらく
実際に基本打ちをする時にしか
声を出していないのではないでしょうか。
しかしこれはもったいない。

 

 

家で大きな声を出すことが難しいかもしれませんが
、武道場で大きな声をどれだけ出しても怒られることはありません。
練習中にずっと声を出していれば、練習効果は倍増です。

 

 

武道場で一番練習しないといけないのは、
打突や足さばきではなく声なのです。

 

 

以前関東地方で全中(全国中学校剣道大会)が開かれた時に、
練習のヒントになればと、
練習会場に行ったことがありました。

 

 

その時に関西の中学校で、
4人組の打ち込みをしている最中ずっと声を出している学校がありました。

 

 

ずっとというのは、
やっている時も、元立ちの時も、待っている時も、
ずっと声を出しているのです。

 

 

補欠で見学している生徒さえも声を出し続けていました。
指示が出ているとき以外は、
ずっと声を出しているのです。

 

 

たくさんある学校の中で、
この練習はとても目立ちました。
しかも一人一人の声量がすごいのです。

 

 

強豪校では当たり前の練習方法なのかもしれませんが、
これを導入してから生徒の声量は確実に大きくなりました。
何より稽古の活気が全く違います。

 

 

「ファイト」「声だして」「まだまだいけるよ」
こんな声を稽古中常に出すようにすれば、
大きな声も自然と出せるようになります。

 

 

声の出しかたの基礎を押さえたら、
後はとにかく声を出していくだけ。
声を出す機会を増やして、
大きな声を出していきましょう。

 

最後に

 

生徒の中には大きな声を出すことが苦手な子もいます。
そんな生徒にいつも教えるのは、

 

大きな声を出すことは誰でもできる。

 

今は忘れてしまっているだけ。

 

ということです。
私には小学生の子どもが2人います。
あまり活発ではない次男は、
今は大きな声を出すことがあまりありません。

 

 

でもそんな次男も、赤ん坊のころは夜泣きがひどくて
全然寝ることができませんでした。
腹式呼吸全開のスーパーボイスを出していました(笑)

 

 

一度生徒に腹式呼吸を見せるために、
部活に連れて行ったこともありました。
その日は稽古どころじゃなくなりましたけどね(笑)

 

 

赤ん坊の時に出せた声が、
体が大きくなった中学生に出せないわけが無いのです。ただ、
大きな声の出しかたを体が忘れてしまっているだけ
なのですよね。

 

 

大きな声を出す感覚を思い出してしまえば、
誰でも大きな声を出すことはできます。

 

 

自分は大きな声が出ない・・・。
そんなことを思う必要は全くありません。
赤ん坊の時にできたことを思い出す。
そんなつもりで練習に取り組んでください。

 

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

 

初心者でも強くなれる!

 

 

 

>>剣道初心者の稽古法に戻る

 

 

 

>>剣道の試合に勝つ方法に進む

 

 

 

 

 

 

こちらもよく読まれているページです

剣道の基本は声【声の特徴】
剣道で絶対的に必要なもの。それは声です。 しかも歌のようではなく、剣道に向いている声の出し方というものがあります。
大きな声を出す雰囲気づくり!
声を出さない、出す気がない生徒というのも、顧問を始めた最初のころは、少なくない人数でいました。正直言えば、かなりお手上げ状態だったのを覚えています(笑)声出す気がないなら剣道やらなくていいよそんな言葉がいつも喉まで出かかっていました・・・。今回は声を出す気が無い生徒に、当時私がどのように対応したのか声を出すのが当たり前の現在にどうしてなったのかを、書いていきたいと思います。
左足が開く原因!
足さばきに注意してみた時に、見つけるクセの一つに、左足がまっすぐではなく、左に開いているという状態です。初心者で左足が開いている子の多くは、打突した時に少し右に体が開いてしまいます。蹴り足である左足が開いているので、当然と言えば当然ですね。剣道においてまっすぐに打っていくというのは、とても大切なことです。今回は左足の開きが起きる原因と、その直し方について書いていきます。
新チームのルールを徹底!
学校では3月に卒業式があり、4月に始業式が行われます。4月の最初にどれだけ生徒に多くのことを定着させられるかが、1年間のクラスを決めるといっても過言ではないくらい、クラスのスタート時は大切な時期です。3年生の先輩が涙を流した記憶が新しい状態でそのまま新しくスタートできる部活動において、新チームのスタート時がある意味、一番モチベーションが高い時期かもしれません。ここでは新チームのスタートの大切さについて書いてきます。
剣道に筋トレは必要か?
ここでは剣道に適した体型や、剣道をやるうえで最低限必要な筋力とは何か。筋トレは剣道で必要なのか。といった剣道をやるうえで大切な筋肉について書いていきます。
初心者の試合練習
練習をどれだけしても試合でそれが出なければ意味がありません。普段の練習と同じようにやろうとしても、やはり試合には試合なりの緊張感や動きがあるのです。特に初心者はここがなかなか分かりません。ここでは練習中に試合を導入することによる効果について書いていきます。
剣道での男子と女子の違い
男子には男子の女子には女子に適した指導方法というものがあります。特に女子の場合は指導方法を考えなければ、中々強くなることができません。ここでは、私が感じている男子と女子の剣道の違いと、それが起きる理由について書いていきます。
剣道男子の指導方法のコツ
ある程度の雑さが男子の指導では大切です。あまりにもきめ細やかに指導しようとすると、思い通りにやらない男子にイライラしてしまいます。ある程度自分たちに任せながら、ポイントを押さえて指導する。これが男子の指導で大切な部分です。
剣道女子の指導方法のコツ
私が剣道部の顧問になって、最初にぶつかった壁は女子の指導でした。私が男だからでしょうか技術指導ももちろんそうですが、生活指導面でもかなり手を焼きました。しかし、指導を続けていく中で、自分なりに女子部員の指導のコツが見えてきました。
剣道を楽しんでやるコツ
私自身選手時代は、練習前に憂鬱な気分になることが多かったです。しかし、それでも剣道を続ける人がいるのは、楽しい部分があるからなのです。ここでは剣道を楽しく続けるコツを紹介します。
初心者の足さばき指導!
剣道の動きの基本は大きく振りかぶり打突を踏み込みと同時に行うというものです。私はこの基本を両方なくした状態で初心者に指導しています。こういう書き方をすると基本を無視しているように感じるかもしれませんが、そうではありません。基本を大切にしたいからこそこの2つをあえて初心者指導から除いているのです。今回はこの指導方法とそれをする理由を書いていきます。
気剣体の一致をやめる?
剣道において一本の基準、つまり有効打突の基準は気剣体の一致であると言われています。気とは充実した気勢剣とは正しい竹刀操作体とは体勢のことで正しい踏み込みこの3つが気剣体です。大きな声で刃筋正しく踏み込んで打つという部分は大切です。これが無ければ一本の基準に達しないでしょう。しかし、足の踏み込みの一致という部分は、私の感覚として必要ないと思っています。足の踏み込みを一致させなくても良い理由を紹介します。
初心者が悩む足の踏み込み
初心者が毎年10人くらい入ってくる私の学校の剣道部ですが、剣道ノートに書かれている悩みには、毎年同じようなものがあります。その中でも、足の踏み込みについては、必ず質問されますし、最初にぶつかる壁です。剣道の言葉で一眼二足三胆四力という言葉があります。今回は初心者の踏み込み練習について紹介します。
剣道のセンスって?
みなさんの周りにも「センス」という言葉で、評価されている選手がいるはずです。ただ、気を付けてもらいたいのは、「センス」という言葉だけで評価してしまうことで、その選手の良さやクセをひとくくりにしてしまうことです。そもそも、「センス」という言葉を安易に使うこと自体、私はあまり好きではありません。かといって「センス」というもの自体が存在しないかというと、そういうわけでもありません。今回は剣道におけるセンスとは一体何かということについて書いていきたいと思います。
剣道が上達する考え方!
剣道は簡単に上達しない。一回の稽古じゃ何も変わらない。そんな言葉をよく耳にしますが、私は違うと考えています。逆に言うと毎日毎回の稽古の中で、変化したものが何もないことがありえません。私の学校の生徒には、剣道ノートを通じて、本日の課題を明確にさせるようにしています。そうした課題とは別に、大きな目標も設定させます。大きな目標を達成するために、細かい課題を毎日少しずつ解決していく。そういった考えかたが、成長を促します。今回は剣道を上達するための考え方について書いていきます。
剣道で打突の姿勢をよくする方法?
構えた時に姿勢が悪い選手の多くは、やはり結果もあまり良くないように感じます。実際に県大会以上の上位大会の選手は、立ち姿が美しい選手が多いです。立ち姿が悪いというのは見た目だけではなく、 姿勢が悪いまま打突をした場合、必ずと言っていいほど、打突の姿勢が悪くなります。剣道の有効打突の条件に、適正な姿勢をもってという言葉があるように、有効打突にもつながっていくのです。今回は姿勢が良いことによる剣道のメリットと、姿勢の強制方法について書いていきます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ