剣道を始める時期や年齢のベストは?中学生が最後の機会!

剣道を始める時期や年齢のベストは?中学生が最後の機会!

 

友人が息子に剣道をやらせたのだけれど、
いつ始めさせるのがいいと思う?
そんな風に私に聞いてきました。

 

 

私の息子たちは剣道をやってくれませんでしたので、
うらやましいかぎりです。

 

 


 

 

剣道を始める時期や年齢については、
様々意見がありますが、選手として頑張るならば、
中学生がラストチャンスだと個人的には思います。

 

 

>>中学から剣道を始めるメリットに進む

 

 

高校生から始めて、大会に出て活躍できる選手になるのは、
かなり難しいのではないかと思います。

 

 

もちろん大人になってから始めることもできます。
段審査を目標にしながら、
剣道を楽しむことは十分にできますし、
大人になってから始める利点もあります。

 

 

>>剣道を始めたい人必見に進む

 

 

しかし、どうしても剣道独特の動きや、
竹刀を振る時の力の入れ方や抜き方というのは、
中学生までに習得しておいた方がいいのです。

 

 

これはゴールデンエイジという、
科学的に証明されている、
スポーツを習得するための機会が、
中学生の年齢が最後だからです。

 

 

しかしながら、あまりにも早めに始める。
たとえば未就学児の状態で始める。
というのは、私は意味が無いように感じます。

 

 

今回は剣道を始める年齢や時期で、
いつが一番いいかを考えていきましょう。

 

 

ゴールデンエイジとは?

 

 

子供の運動神経が著しく発達する時期を、
ゴールデンエイジといいます。
この時期の過ごし方が、
子供の運動神経、能力に大きな影響を与えます。

 

 

赤ちゃんが歩けるようになり、走り出し、
自転車に乗ったり、箸を使ったりというのは、
神経系の発達がこの時期に盛んだからです。

 

 

具体的な年齢の話をすると、
様々な意見があるので必ずしもこの年齢!
ということはありません。

 

 

私の実感としては、だいたい5歳から15歳です。
しかもこのゴールデンエイジは3つに分かれて、

 

 

5〜8歳 プレゴールデンエイジ

 

9〜12歳 ゴールデンエイジ

 

13〜15歳 ポストゴールデンエイジ

 

 

というように分かれています。
9歳から12歳が神経系がほぼできて、
一番動作を身につけやすい年齢だと言われています。

 

 

中学生の年齢(13歳〜15歳)はその動作を、
成熟させるポストゴールデンエイジと言われています。

 

 

人間の成長は一定ではありませんので、
人によってゴールデンエイジの時期は多少ずれます。
しかし、ここからも中学生が剣道の動作を定着させる、
ラストチャンスだということが分かるでしょう。

 

 

小さいころから剣道を始めると有利か?

 

 

結論から言うと、私は小学校4年生(10歳)ごろが、
剣道を始める適齢期だと考えます。
つまりゴールデンエイジに入るころですね。

 

 

その理由は剣道という競技の特性にあります。
剣道は型がある程度決まっていますし、
動作をしっかりと身につけなければ、
強くなることは難しい競技です。

 

 

この型を覚えるというのは、
脳で考える力と、
考えたことを動作にする。
この二つの力が必要になってきます。

 

 

5歳の子どもに正しい構えをさせる。
小学一年生に足さばきを教える。

 

 

もちろん可能ではありますが、
かなり根気がいる作業になってきますし、
幼い子どもは窮屈な行動が嫌いです。

 

 

また、竹刀や防具といった剣道具は、
小さい子どもにとっては重すぎます。

 

 

この段階で剣道を始めてしまうと、
まず剣道が嫌いになる可能性が高いです。

 

 

そして力が無いのを補うために変なクセが付き、
最終的には伸び悩む場合も多いです。

 

 

>>中学から剣道を始めるメリットに進む

 

 

ある程度教える側の言葉の意味を捉えて、
身体で再現できる年齢というと、
プレゴールデンエイジが終わる年齢が、
やはりベストだと考えられます。

 

 

それでも小さいころから剣道をやらせたい!

 

 

上述したように、ゴールデンエイジで剣道を始めるのが
ベストだと私は思います。

 

 

ゴールデンエイジでグンと伸びるように、
小さいころは色々な動きを遊びや、
剣道以外の運動の中で身につける。
こういった過ごし方が良いでしょう。

 

 

しかし、礼儀作法を身につけさせたい。
親と一緒に剣道をやらせたい。
そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

 

私が多くの子どもを見てきて感じる、
幼い子どもに剣道をやらせる時のポイントは、
とにかく楽しくやらせる。
この一点だと考えています。

 

 

道場によっては試合に出るために、
基本をある程度やったらすぐに防具をつけて、
実践に入る場合もあるでしょう。

 

 

しかし、打たれて痛い、窮屈でしんどい。
そういったイメージを剣道に持ってしまい、
子どもが剣道を嫌いになってしまうと、
稽古を嫌がるようになってしまいます。

 

 

いざ剣道を行う適齢期になった時に、
嫌いな剣道をやる状態になってしまっては、
せっかく早く始めたことが裏目に出てしまいます。

 

 

小学校低学年から剣道をやっている子が、
中学から始めた子にあっさり抜かれてしまうのは、
剣道に対するモチベーションというのが、
一番大きいと私は考えています。

 

 

道場を見学して、小さい子が楽しそうにやっている。
そんな雰囲気のところがあれば、
私は始めて見るのもアリだと思います。

 

 

子どもも一緒にやる同年代の子がいれば、
楽しくやれる要素が増えます。
小さい子どもに剣道をやらせる時こそ、
道場選びには気をつけましょう。

 

 

最後に

 

 

今回の話は、私の失敗談が背景にあります。
私も子どもに剣道をやってほしかったので、
小学校一年生のころから道場に入れようとしました。

 

 

子どもはあまり乗り気ではなかったのですが、
少し強引に連れて行ったのもいけませんでした。

 

 

その道場は小さい子どもも早い段階から防具をつけ、
実践的な稽古を行う場所でした。
元々やりたがっていなかった息子は、
すぐに稽古に行きたがらなくなりました。

 

 

それでも1年はやらせたのですが、
毎回稽古に行く前に泣いて嫌がる息子を見て、
奥さんに辞めさせあげてほしいと頼まれてしまいました。

 

 

あの時にもっと楽しくできるところでやっていれば・・・。
もう少し大きくなってから始めさせていれば・・・。

 

 

そんな風に思うこともありますが、
今楽しそうに野球をやっている息子の姿を見ると、
これで良かったと思うようになりました。

 

 

今回の内容が子どもに剣道を始めさせようと考えている方の、
参考になればと思います。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

初心者でも強くなれる!

 

>>剣道初心者の稽古法に戻る

 

>>剣道の試合に勝つ方法に進む

こちらもよく読まれているページです

剣道を始めたい人へ
剣道を始めたいと思う人の理由は色々とあります。始めるにあたって、悩みや不安もあると思います。しかし剣道を通して学べるものは数えきれません。
剣道の良いところ
サッカーや野球と比べたらかなりマイナーな剣道という競技。でもほかの競技には無い魅力がたくさん剣道にはあります。また、剣道を通して身につくものもたくさんあります。
試合で勝つより大切なもの
私は剣道のプロを育成するために剣道部の顧問になったわけではありません。もちろん試合に勝つことも大切ですが、それ以上に人間的な成長を私は求めてしまいます。
中学生から剣道を始めたい
私の学校には、毎年初心者の生徒がたくさん入ってくれます。というか、ほとんど初心者なので、経験者がきてくれると嬉しいのですが・・・(笑)別のページにも書きましたが、初心者ばかりの私の学校でも気持ちと努力次第で、十分経験者と同じように戦えるようになっていきます。しかし、そうはいっても、毎年5月に新入部員を対象に行う部活動懇談会では、保護者から不安の声が毎年のようにあります。今回は中学生から始めても大丈夫という話と、むしろ中学生から始めたほうが良いこともあるという話をしていきたいと思います。
剣道をやめたい人へ
剣道は冬は寒いし、夏は暑い。打たれたら痛いし、しんどいこともたくさんあります。 でもせっかく始めた剣道。やめるのはもう少し待ってみませんか?
剣道が上達する方法
剣道を上達させるのは、長い練習時間や厳しい練習だけではない。剣道を意識して生活することが何より大切。家でもできる剣道の練習方法などを紹介。
剣道部の顧問ってどんな人
最近は体罰などがニュースでよく流れる剣道部の顧問。そんな剣道部の顧問に不安や疑問を持つ人も多いと思います。私が出会った剣道部の顧問の先生をもとに、少しだけ顧問について紹介します。
剣道女子の髪型
どんな髪型でも面をかぶれば一緒ですが、髪型によって面をかぶりやすかったり、髪型が崩れにくかったりするものがあるのは確かです。ここでは剣道女子の髪型はどんなものが適しているのかについて書いていきます。
応援旗や手ぬぐい!
剣道を始めたい、やめたい、強くなりたい。習ったらどんないいことがあるの?良いところは? どんなことでも剣道に興味のある人はぜひ見てください。
剣道に身長は関係あるのか?
私は小学生のころ、背が低くて背の高い年上の子と稽古をすると、体格差のせいで面を打つことができず、悔しい思いをしました。しかし、身長差があるから試合で勝てないかというとそういうわけではありませんでした。背が低いなら低いなりに戦い方を考えて、足を使って下を攻める剣道のスタイルに変わっていきました。剣道は対人競技にしては珍しく、体格差がそれほど試合の結果に影響しません。と、いわれていますが、中学生に関して言えばやはり体格が剣道に影響すると言わざるを得ません・・・。今回は剣道における体格差について書いていきます。
六三四の剣でやる気アップ!
ある時、私の好きな剣道マンガをモチベーションの下がっている生徒に貸してあげたことがあります。(本来学校にマンガを持ってきてはダメです笑)休み明けにその生徒は、すっきりしたような顔で稽古に取り組んでいました。剣道をやっていない時に、剣道を頑張っている人のマンガを読むことが効果的だということを、その時に初めて知りました。ここでは、私が生徒に時々薦めている、私の好きな剣道マンガ六三四の剣を紹介します。
公立中学校で全国制覇!
江島良介という人物をみなさんはご存知でしょうか?恥ずかしながら、私は全く存じ上げませんでした。時々読んでいる剣道日本に連載されていた記事を読んで、初めてこのような先生がいらっしゃるということを知りました。私が知る限り、公立中学校の剣道部顧問で江島先生以上の先生は、おそらく後にも先にも出てこないでしょう。それくらいすごい指導者としての戦績を残しています。今回は私が尊敬する(といってもお会いしたことは無いです)江島良介先生について書いていきたいと思います。
17回世界剣道選手権大会の感想
剣道の世界大会は、1970年より、剣道の国際的普及を目的に、3年に一度開かれる大会です。前回大会は日本で開かれ、見事優勝をしました。今回は宿敵韓国で開かれるということで、かなり厳しい戦いになることが予想されていました。ちなみに2006年大会以外は、日本はすべて優勝しています。結果から言うと、男女個人団体ともに、すべて日本が優勝しました。ただ、今回の試合を見て、色々と思うところがありましたので、少し書かせてもらおうと思います。
リバ剣する人した人へ!
剣道部の顧問をしていると、時々保護者の方が、昔剣道をやっていた!といった場合があります。何を隠そう私自身も高校時代から、12年ほど剣道から離れていて、剣道部の顧問になったタイミングで、再び始めたリバ剣士です(笑)剣道という競技の良いところは、いくつになっても始められるし、いくつになっても続けられる。これが一番だと思います。今回は私自身や、まわりのリバ剣士を見て、再び剣道を始める時のポイントについて、私なりに書いていきたいと思います。
小さい子どもの剣道練習!
そもそも小さい子が剣道をやることについて、私はあまり良いとは思いません。しかし、せっかく早めに剣道を始めたのならば、その子の剣道人生の糧に少しでもしてほしいと思います。できるだけ楽しく、運動量のある。しかも剣道の基礎が養える。そんなメニューを考えています。今回は小さい子でもとりかかりやすく、剣道の技術の向上につながり、何より楽しい練習方法を考えていきましょう。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ