公立中学校で全国制覇!江島良介先生の指導!大切なのは心?

公立中学校で全国制覇!江島良介先生の指導!大切なのは心?

 

 


 

 

江島良介という人物をみなさんはご存知でしょうか?
恥ずかしながら、私は全く存じ上げませんでした。
時々読んでいる剣道日本に連載されていた記事を読んで、
初めてこのような先生がいらっしゃるということを知りました。

 

 

私が知る限り、公立中学校の剣道部顧問で
江島先生以上の先生は、
おそらく後にも先にも出てこないでしょう。
それくらいすごい指導者としての戦績を残しています。

 

 

今回は私が尊敬する(といってもお会いしたことは無いです)
江島良介先生について書いていきたいと思います。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

江島先生ってどんな先生?

 

 

 

 

私と同じ公立中学校の先生だった江島先生は、
最初の赴任校である神崎中学校で剣道部の顧問になりました。
全国中学校剣道大会において
平成元年から5年まで連続して団体戦決戦に進出、
元年、2年、4年(男子)、5年(女子)と全国制覇しました。

 

 

さらに新しく赴任した三瀬中学校で、
男子団体が平成10年、11年と連覇、個人優勝者も輩出しています。

 

 

同じ公立中学校の教師から見て、この結果は異常の一言です。
どうしたらこのような結果を出せるのか、
どのような指導をしているのか。
稽古の雰囲気はどうなのか?

 

 

色々と気になるところはありますが、
今となってはそれを知ることは難しいです。
なぜなら、現在江島先生は校長になり、
剣道部の顧問をしていないからです。

 

 

現在の全国大会の結果を見ると、
小学生の時から有名な選手が在籍する中学校が
出場・入賞・優勝する傾向がみられます。
もちろんそうではない学校もありますけどね。

 

 

どんな強い学校でも私立ではない限り、
毎年強い選手が集まることはありませんし、
ましてや公立中学校が連覇するとなると・・・。

 

 

20年前とは中学剣道の事情が多少違うのかもしれません。
しかしそれを差し引いても、戦績が異常です。

 

 

もし現在も江島先生が指導を続けているようならば、
自腹で佐賀まで行き、頼み込んで
稽古を見学させていただきたいのですが・・・残念です。

 

 

君も一番になれる

 

 

 

 

江島先生のことを少しでも知りたいと思い、
江島先生が出した書籍、「君も一番になれる」を
8年ほど前に購入しました。

 

 

そこに書かれていたのは、正直言うと私の知りたいと思うような
内容ではありませんでした。
しかし、それ以上に多くのことを学べました。

 

 

まずこの書籍ですが、剣道を知っているかどうかは、
あまり・・・というか全く関係ありません。
その時点で私が知りたかった指導方法というものが
全く載っていないということが分かると思います。

 

 

しかし、他の書籍と違い、そこには指導方法ではなく、
指導哲学がたくさん載っていました。
私の指導の軸はこの本で学んだといっても過言ではありません。

 

 

教師としての勉強をするために、若い時にはよく
How to の本を買っていました。
「これでバッチリ!学級経営!」
というようなタイトルの本です。

 

 

こうしたらクラスがうまくいくと信じて買うのですが、
真似してやってみても全く上手くいきません。
何度かそういう経験をして気が付きました。
結局やる人が違うから上手くいかないんだと。

 

 

その人がどういう信念でこういう指導をしているのか。
何を考えて、どういう経緯でそれを言っているのか。
それが分からないまま真似をしようとしても、
幹が無い木に枝や葉をつけようとしているだけです。

 

 

この本には江島先生の考え方や、熱い気持ち、思い、
そういったものが物語形式で書かれていて、
指導に悩んでいた自分は、読み終わった後に、
熱い気持ちになれたのを今でも覚えています。

 

 

今自分が置かれている立場が、江島先生と比べれば、
とても恵まれている環境であること。
指導に悩んで、どんな先生にも頼み込んで
教えてもらおうとするハングリー精神。

 

 

それは今でも大切にしている考え方です。

 

 

生徒が初心者だから勝たせられないのではなく、
指導者である私が変わらないから勝てない
のだと、その時に強く感じました。

 

 

江島先生の書籍で学んだこと

 

 

 

江島先生が試合に勝てない時に生徒と一緒に始めたのが、
靴を揃えることだったそうです。
そして、大会の終了後には必ず会場のトイレ掃除を、
生徒たちが行うようにしたそうです。

 

 

靴を揃えたら、トイレ掃除をしたら試合に勝てるのか?
この話をするといつもそういった反応をする人がいます。
それはやっていない人が言うことで、本当かどうかは
それはやったことのある人にしか分からないと思います。

 

 

靴や荷物をきれいに揃えるということは、
私の学校でも生徒に必ずやらせていることです。
それで試合に勝てるようになったわけではありませんが、
勝つ確率は絶対に上がったと思います。

 

 

挨拶・返事・整理整頓。こういった当たり前のことを、
当たり前ではないレベルでやれるようにすることで、
常に気持ちが整った状態で試合に臨めるからです。

 

 

試合後のトイレ掃除についても、
必ず自分たちは最後まで(表彰まで)残っている。
そういった決意の表れです。
その気持ちで試合に臨んでいる時点で違います。

 

 

ちなみにトイレ掃除は、やっていた時期もあったのですが、
会場側から断られることが多くて現在はやっていません・・・。
そこで辞めてしまうのが私の指導の弱いところで、
江島先生ならばきっと他のやり方をするんでしょうね。

 

 

人間としての成長無くして剣道の上達は無し。

 

 

そんなメッセージが江島先生の書籍からは、
強烈に感じることができました。

 

 

最後に

 

江島先生についての記事を書こうと思い、
今回ネットで色々と調べていた時に、
江島先生の神崎中学校時代の指導映像が
Youtube にありました。

 

 

 

 

また、江島先生の指導していた
筒井選手の全中の試合映像も見つかりました。

 

 

 

 

 

 

こうした映像から少しだけ指導を読むことはできますが、
やはりすべてを知ることはできません。

 

 

偉大な指導者である江島良介先生。
いつかお会いしてお話を聞いてみたいものです。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

剣道の魅力を語ります

 

>>剣道に興味のある人へに戻る

こちらもよく読まれているページです

剣道を始めたい人へ
剣道を始めたいと思う人の理由は色々とあります。始めるにあたって、悩みや不安もあると思います。しかし剣道を通して学べるものは数えきれません。
剣道の良いところ
サッカーや野球と比べたらかなりマイナーな剣道という競技。でもほかの競技には無い魅力がたくさん剣道にはあります。また、剣道を通して身につくものもたくさんあります。
試合で勝つより大切なもの
私は剣道のプロを育成するために剣道部の顧問になったわけではありません。もちろん試合に勝つことも大切ですが、それ以上に人間的な成長を私は求めてしまいます。
中学生から剣道を始めたい
私の学校には、毎年初心者の生徒がたくさん入ってくれます。というか、ほとんど初心者なので、経験者がきてくれると嬉しいのですが・・・(笑)別のページにも書きましたが、初心者ばかりの私の学校でも気持ちと努力次第で、十分経験者と同じように戦えるようになっていきます。しかし、そうはいっても、毎年5月に新入部員を対象に行う部活動懇談会では、保護者から不安の声が毎年のようにあります。今回は中学生から始めても大丈夫という話と、むしろ中学生から始めたほうが良いこともあるという話をしていきたいと思います。
剣道をやめたい人へ
剣道は冬は寒いし、夏は暑い。打たれたら痛いし、しんどいこともたくさんあります。 でもせっかく始めた剣道。やめるのはもう少し待ってみませんか?
剣道が上達する方法
剣道を上達させるのは、長い練習時間や厳しい練習だけではない。剣道を意識して生活することが何より大切。家でもできる剣道の練習方法などを紹介。
剣道部の顧問ってどんな人
最近は体罰などがニュースでよく流れる剣道部の顧問。そんな剣道部の顧問に不安や疑問を持つ人も多いと思います。私が出会った剣道部の顧問の先生をもとに、少しだけ顧問について紹介します。
剣道女子の髪型
どんな髪型でも面をかぶれば一緒ですが、髪型によって面をかぶりやすかったり、髪型が崩れにくかったりするものがあるのは確かです。ここでは剣道女子の髪型はどんなものが適しているのかについて書いていきます。
応援旗や手ぬぐい!
剣道を始めたい、やめたい、強くなりたい。習ったらどんないいことがあるの?良いところは? どんなことでも剣道に興味のある人はぜひ見てください。
剣道に身長は関係あるのか?
私は小学生のころ、背が低くて背の高い年上の子と稽古をすると、体格差のせいで面を打つことができず、悔しい思いをしました。しかし、身長差があるから試合で勝てないかというとそういうわけではありませんでした。背が低いなら低いなりに戦い方を考えて、足を使って下を攻める剣道のスタイルに変わっていきました。剣道は対人競技にしては珍しく、体格差がそれほど試合の結果に影響しません。と、いわれていますが、中学生に関して言えばやはり体格が剣道に影響すると言わざるを得ません・・・。今回は剣道における体格差について書いていきます。
六三四の剣でやる気アップ!
ある時、私の好きな剣道マンガをモチベーションの下がっている生徒に貸してあげたことがあります。(本来学校にマンガを持ってきてはダメです笑)休み明けにその生徒は、すっきりしたような顔で稽古に取り組んでいました。剣道をやっていない時に、剣道を頑張っている人のマンガを読むことが効果的だということを、その時に初めて知りました。ここでは、私が生徒に時々薦めている、私の好きな剣道マンガ六三四の剣を紹介します。
17回世界剣道選手権大会の感想
剣道の世界大会は、1970年より、剣道の国際的普及を目的に、3年に一度開かれる大会です。前回大会は日本で開かれ、見事優勝をしました。今回は宿敵韓国で開かれるということで、かなり厳しい戦いになることが予想されていました。ちなみに2006年大会以外は、日本はすべて優勝しています。結果から言うと、男女個人団体ともに、すべて日本が優勝しました。ただ、今回の試合を見て、色々と思うところがありましたので、少し書かせてもらおうと思います。
リバ剣する人した人へ!
剣道部の顧問をしていると、時々保護者の方が、昔剣道をやっていた!といった場合があります。何を隠そう私自身も高校時代から、12年ほど剣道から離れていて、剣道部の顧問になったタイミングで、再び始めたリバ剣士です(笑)剣道という競技の良いところは、いくつになっても始められるし、いくつになっても続けられる。これが一番だと思います。今回は私自身や、まわりのリバ剣士を見て、再び剣道を始める時のポイントについて、私なりに書いていきたいと思います。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ