竹刀の手入れの仕方を知る!ささくれや竹刀油について!

竹刀の手入れの仕方を知る!ささくれや竹刀油について!

 

 

自分の刀(竹刀)を大切に!!

 

 


 

 

剣道の稽古をする時に、
一つだけ必要なものがあるとしたら、それは竹刀です。

 

 

体育の授業や初心者の子の練習も、
竹刀が無いことには何もできません。

 

 

剣道をやる上で何よりも大切な竹刀。
しかし素材が竹であるため、使ううちに傷んできて、
最後は処分しないといけなくなってしまいます。

 

 

最近は竹刀も安くなったので、
ささくれが出たり少し割れてしまったりしたときに、
捨てて新しいものを使う人も少なくありません。

 

 

しかし、竹刀は少しくらいの傷み方ならば、
手入れをしてあげれば使い続けることができます。
竹刀の手入れも剣道の大切な稽古のひとつです。
ここでは竹刀の手入れの仕方を学びましょう。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

竹刀のささくれ対処法

 

 

ささくれは、竹刀で頻繁に起きるトラブルです。
人によっては折れるほうが多い人もいるかもしれませんが、
私はささくれることが多いです。

 

 

ささくれの処理ができるようにならないと、
大きなけがにつながります。
稽古中にも竹刀にささくれが無いか確認して、
ささくれの処理ができるようになりましょう。

 

 

ささくれが起きた場合、一度全てばらして削るのが正しい方法です。
もし竹が割れてしまったり、ささくれがひどい場合は
竹刀をばらして竹を交換しましょう。

 

 

>>竹刀の組み立て方に進む

 

 

そこまでいかない軽いささくれならば、
私は竹刀を組んだまま、
紙やすりで削ってしまいます。
下に参考動画を載せておきます。

 

 

 

 

 

上の写真のように、ささくれがおきている部分に
紙やすりを差し込んで削れば
簡単にささくれが直せます。

 

 

 

ちなみに紙やすりには、番号がついていて、
上の写真のように数字が少ないほど粗い目の紙やすりです。

 

 

私は普段120番と240番と400番を持っています。
最初に120番か240番でざっくり削って、400番で整えます。

 

 

竹刀の奥までささくれている、ひどいささくれの場合は、
竹刀を少しばらさないといけません。
竹刀の組み方、ばらし方は別のページで詳しく紹介しています。

 

 

>>竹刀の組み立て方に進む

 

 

 

竹をバラバラにしてささくれを削る場合は、
上の写真のように弦を緩めて先革と中結をはずします。
そのままはめて使いますので、
この時弦から部品を外さないようにしましょう。柄革もそのままです。

 

 

 

そのまま竹を開きながら、ささくれをきれいにとりましょう。
このささくれをとるためには、カッターなどでもいいのですが、
専用の道具があると便利です。

 

 

竹刀を削る場合には、以下の3つの道具がおススメです。

 

 

1竹刀削り「匠」

 

2金属製竹刀削り

 

3サンドペーパー型竹刀削り「竹磨くん」

 

 

竹刀削り「匠」

 

 

竹刀削り専用に設計された商品です。
写真のように部分によって形が違い、
竹刀の角にそって動かすことによって、
きれいにささくれをとることができます。
下の動画を参考にしてください。

 

 

 

金属製竹刀削り

 

 

 

こちらはピーラーのようにささくれをとるものです。
「匠」のように削る部分にそのままフィットするわけではありませんが、
しっかりとささくれをとることができます。

 

 

サンドペーパー型竹刀削り「竹磨くん」

 

 

 

削った後の仕上げに表面を滑らかにすることができる商品です。
紙やすりで全く同じ効果があるのですが、
四角くなっているので削りやすいです。

 

 

また、刃物が危ない小さい子どもでも、
粗目と細目を使い分けることで
きれいにささくれをとることができます。

 

 

上記の道具と下で紹介する竹刀油は、
私の学校は部室に常に2セットほど用意してあります。
ささくれの処理をできるだけやらせるためには
道具の準備も必要ですからね。

 

 

仕上げは竹刀油

 

 

ささくれを削った後には、竹刀油を吹いておくといいでしょう。
この油をつけることで、竹刀に油分が浸透して
、竹刀に必要な油分を補い、竹刀の寿命がアップします。

 

 

さらに竹刀の四つ割り接触面を滑りやすく、
かつ粘り強くしますので、竹刀が割れにくくなります。

 

 

冬場などは竹刀の油分が無くなり乾燥するので、
ささくれや割れが起きやすくなります。
竹刀油を手入れの仕上げに使いましょう。

 

 

油を塗った後は、乾いた布でよく拭く必要があります。
余分な油を残しておくと、逆に竹刀を痛めたり、
最悪相手の目に入ってしまう場合があります。

 

 

使い方はとっても簡単です。
竹刀にさっと竹刀油をスプレーして、乾いた布で拭きあげましょう。
竹刀油が無いけれど、緊急で油を塗りたい場合は、サラダ油がいいでしょう。

 

 

オリーブオイルやごま油は、良い匂いはしますが、
余計な成分が入っているのでダメです(笑)

 

 

昔の人は、キッチンの近くに竹を置いておき、
料理から出る油を竹刀に染み込ませたりもしていたそうです。
ここからも竹刀における油の重要性がよく分かりますね。

 

 

また、ろうそくのろうを塗るという方法も昔からあります。
こちらは四つ割り接触面を滑りやすくするためのものですので、
油分を補うためには、やはり油を塗りましょう。

 

最後に

 

剣道を続ける中で、竹刀のささくれは必ずおこります。
ささくれをそのままにしておくと、面の隙間からとんで
目に刺さるなどの大きな事故につながります。

 

 

私の友人は目にささくれがささり、
一時視力が落ちてしまいました。
(幸運にも現在は元の視力に戻りました)

 

 

一緒に稽古するなかまを守るためにも、
必ずささくれが起きた時は対処をしましょう。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

きれいに洗った剣道着で練習しましょう!

 

>>剣道の稽古メニューを紹介に進む

 

>>剣道具のメンテナンス方法に戻る

こちらもよく読まれているページです

剣道着と袴の洗い方
剣道具の中でも、一番汗を吸って、一番洗う機会の多いのが剣道着と袴でしょう。普通の洗濯物のように洗ってしまうと、剣道着や袴はすぐに傷んでしまいます。ここでは剣道着と袴の正しい洗い方を学びましょう。
新品の剣道着や袴の扱い方
新品の剣道着や袴。これから長い付き合いになるものが手元に届いた時には本当にワクワクしますよね。しかし、新品だからこそ気を付けなければならないこともたくさんあります。ここでは新品の剣道着や袴の扱い方について紹介します。
剣道着と袴の干し方
洗濯は洗ったところまでで終了ではありません。しっかりと乾かすためには干す必要があります。そして、干した後にもちょっとした工夫で、美しい状態を保つことができます。ここでは洗い終わった剣道着や袴の干し方と、その後の保存の仕方について紹介していきます。
竹刀の組み方、ばらし方!
私の学校の生徒にも竹刀を組み立てることに憧れをもってほしいと思っています。生徒に最初に購入してもらう竹刀は、わざとバラバラのものにしています。その竹刀を私や先輩に教えてもらいながら自分の竹刀にしていくのです。自分で作った竹刀は愛着があるようで、組み立て済みの物を買うよりも大切にする気がします。剣道をやっているのに竹刀の組み立てもできないのは恥ずかしいことだと私は考えています。ここでは剣道のある意味基本ともいえる竹刀の組み立て方について学んでいきましょう。
剣道具の臭い対策
剣道のイメージのトップ3に入るであろう剣道具の臭い。剣道をやっていない人からすると、あの臭いは我慢できないようです。ここでは私が実際に行っている臭い対策について紹介していきます。
防具の干し方
防具を干すのに説明がいるのか?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、干し方ひとつで、防具の傷みかたも大きく変わります。ここでは、正しい防具の干し方について書いていきます。
塩の吹いた防具をきれいに!
夏場の剣道で一番の問題は、大量にかく汗です。 汗だけならば問題は少ないのですが、その汗を大量に吸っているのは、面や小手などの防具なのです。大量に汗を吸った防具も、乾かしてしまえば水分は無くなってくれます。しかしそのままにしておくと、雑菌が繁殖して臭いやべたつきの原因となります。臭いやべたつきをとっても、残ってしまうのが、汗に含まれている塩分です。塩分は防具の中に染み込み、最終的には防具の外側に白い粒として出てきます。これをそのままにしておくと、面全体が白っぽくなってしまい、見た目がとても悪くなってしまいます。今回は潮の吹いた防具のお手軽な手入れについて書いていきます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ