中学校の部活はブラックか、剣道部の活動から考える

中学校の部活はブラックか、剣道部の活動から考える

 

 

ブラック部活って何?

 

 


 

 

メディアの影響でしょうか、
ここ20年くらいで教員の立場というものは、
どんどんと弱いものになってきました。

 

 

こなす事務的な仕事量は増えるのに、
そのほかの仕事量は全く変わらない・・・。
どの仕事もそうでしょうが、教員もやりづらい時代になりました。

 

 

そんな中最近ブログやツイッターを中心に、
中学校の部活動のありかたについて議論がでてきています。
ブラック企業ならぬブラック部活なんていう言葉もでてくるほどです。

 

 

ここでは中学校の部活動をどうするべきなのか、
私の考えを書いていきます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

部活動ってどういう位置づけ?

 

 

文科省『学習指導要領』より

 

運動部活動は、学校教育活動の一環(教育課程外)として、スポーツに興味と関心を持つ同好の児童生徒が、教員等の指導の下に、自発的・自主的にスポーツを行うものであり・・・

 

少しわかりにくいですが、つまり

 

 

部活動は学校で決められている活動ではなくて生徒の自主的な活動ですよ。

 

 

ということです。中学校における部活動というのは、授業や学級経営とは違い、
学校の先生が必ずやらなければならないものではありません。
顧問の先生の善意で成り立っているんですね。

 

 

私は部活動に対して前向きに考えていますが、
この部分はもっと保護者をはじめ
世間一般の人たちに認知されるべきだと思います。

 

 

保護者の中には平気でクレームを言ってきたり、ひどい場合
、顧問を変えろと校長室に怒鳴り込んでくる方がいたりします。
幸い剣道部を続けてきて、
そのような保護者の方にはお会いしていませんが、
私がいつそうなってもおかしくないと常に感じています。

 

 

もしそうなったらどうするか?と言われたら・・・
剣道部の顧問を辞めますね(笑)
基本的に保護者が言ってくるということは、
生徒からも不信感を持たれているということです。

 

 

そんな状態で顧問を続けても意味がありません・・・
と言っても簡単に部活の顧問をやめられない部分も
ブラックなところなのですが(笑)

 

 

ボランティアでやっているはずの部活動ですが、
学校では4月になると当然のように
顧問の割り振りが発表されます。

 

 

私の勤める地域では一応教員は
全てどこかしらの部活の顧問になります。
拒否権はあるのでしょうが、
そんなことをいう人は見たことがありません。

 

 

ボランティアを強制的にやらされて、
その活動に対して責任をもたされクレームを言われる。

 

 

確かにひどいですよね(笑)

 

 

>>剣道部の保護者に進む

 

 

部活動による教員の負担

 

 

時給にしたら300円くらいの時もありますが、
私の地域では土日の部活は手当てが出ます。
しかし、大会などの交通費は基本的に自腹なので、
私の場合1年間をトータルで考えると
出費のほうが多く赤字です。

 

 

平日の朝練や夕方からの練習は、お金が一円も出ません。
私の学校は6月から最終下校が18:45ですので、
強制的に2時間残業になります。

 

 

朝練も含めると3時間以上の時間外労働です。
生徒が帰った後から次の日の授業準備などをおこなうので、
5〜7月の夏場は職場を出る時間が
いつも22時を過ぎてしまいます。

 

 

もちろんこういった仕事は世の中にたくさんありますので、
教員だけではありません。しかし土日も無くなっていることを考えると、
多い月は残業時間が150時間を軽く越えてきます。

 

 

そのうち部活の残業時間は100時間くらいでしょうか。
負担の時間だけならばブラック企業とも良い勝負ができます(笑)

 

 

子どもが保育園に通っていたころは、
送り迎えの関係で朝練は週3日にしてもらいましたが、
それでも帰宅時間が遅いので、
毎年夏場は私の家族にも負担をかけています。

 

 

さらに今はケガの防止などの名目で、
私の勤める市では部活動中、
基本的に顧問はその場にいないといけません。

 

 

もちろん何もなければ、部活の時間は武道場にいるのですが、
生徒指導の関係や会議などでどうしても行けない時もあります。
そういった時はどちらも中途半端になっている感じがして、
精神的につらいものがあります。

 

 

また、部活内で揉め事やトラブルが発生した場合、
顧問の責任としてそのトラブルに対処しなければなりません。
学級担任と同様、LINEのやりとり等の
プライベートな部分で起こったものも、
対応しなければなりません。

 

 

部活内で揉め事が続くと、
それの対応だけで一日が終わってしまう時もあります・・・。

 

 

拘束時間や金銭面、責任の面でも、
部活動は教員にとって大きな負担になっています。

 

 

それでも部活動の顧問を頑張れるわけ

 

 

 

部活動のマイナス面をたくさん書いてきましたが、
それでも私が部活動の顧問を続けるのは、やはり
剣道と生徒が好きだからだと思います。

 

 

特に私の学校の剣道部は初心者から始める子が多いので、
技術的にも人間的にも成長していく姿が分かります。

 

 

3年生が引退する時に、最後に一緒に稽古をするのですが、
その時は毎年涙が出てきます。

 

 

もちろん大変なことのほうが多いのですが、
生徒ががんばってくれているうちは、
私もがんばり続けようと思っています。

 

 

結局のところ、私もボランティア精神でやっているのですが、
ボランティアだからこそ得られる喜びや、感動
もあるのでしょうね。

 

 

逆にお金をもらって、仕事としてやるとなったほうが、
窮屈になりそうなので嫌です(笑)

 

 

ここでもう一度文科省の文章を引用しましょう。

 

文科省『学習指導要領』より
運動部活動は、学校教育活動の一環(教育課程外)として、スポーツに興味と関心を持つ同好の児童生徒が、教員等の指導の下に、自発的・自主的にスポーツを行うものであり・・・

 

部活動はやはり生徒の自発的・自主的な活動です。
私一人が、がんばらなければならないとしたら、
それは間違っています。

 

 

生徒と顧問一緒に協力して活動していく姿こそ、
本来の部活動の姿です。
さらに言えば保護者も含めた3つの立場から生徒の成長をサポートしていく必要があります。

 

 

わたしもそんな剣道部をめざしてこれからも頑張っていこうと考えています。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

顧問としての考え方あれこれ

 

>>指導者の考え方に戻る

 

>>剣道初心者の稽古法に進む

こちらもよく読まれているページです

今の中学生に必要なものは
大人から厳しく指導されたり、あきらめずに最後までやり抜いたりすることの苦手な子は、昔より確実に増えています。しかし、大人になって社会に出た時に、それは通用しないのです。私が剣道部の役割として大切なのは、そういった生徒たちの普段の生活の中に足りていないものを補うことだと思っています。
部活で全力を出す!
一度でも全力を出したことのある人間は、その後も全力を出すことができます。自分の限界点を見ることができるからです。しかし、多くの生徒(世の中のほとんどの人)は、全力を出したことがありません。全力を出させるには、全力とはこういうものだと、無理やり生徒にやらせる方法もありますし、生徒自身が限界点をあげていく方法もあります。ここでは生徒の全力を引き出すために、私が行っている方法について書いていきます。
荷物整えない生徒達
生徒がアップをしていたり、休憩して別の場所に移動したりしたときに、荷物のチェックに私は行きます。もし汚い状態で荷物を置いていた場合は、必ず呼んできれいにさせるようにしています。なぜ私がそこにこだわるのか。それをやることでどういった良いことがあるのか。ここでは自分の持ち物をきれいに並べることの大切さについて書いていきます。
剣道部と体罰
剣道部の顧問が体罰をしたというニュースが年に1回くらい流れます。表に出ていないだけで、もっと多くの体罰があると思われます。ここでは剣道と体罰の関係について、私なりの考えを書いていきます。
剣道部の保護者
現在の学校の部活では、保護者の方の理解が無いと生徒が成長する場を与えてあげることが難しくなっています。今回は保護者と部活の関係について書いていきます。
部活での越境入学ってどうなの?
公立中学校の強豪校の中には、越境入学をしている生徒が在籍している場合があります。本来ならば、その学校ではない学校に行くはずの生徒が、様々な手段を使って、強豪校に入学するのです。そういった方法で学校を変わる生徒は、剣道の上手な子がほとんどでしょうし、すぐに越境入学の噂が広まります。今回は公立中学校と越境入学について書いていきます。
剣道部をつくるには!
剣道部に入りたいと思っている人のなかで、進学する中学校に剣道部が無く、困っている人も多いと思います。剣道部はマイナーな競技なためか、潰されてしまうことが多い部活です。剣道部が無いのなら、ぜひ作ってほしい!そう思う保護者の方も多いと思います。しかし、部活をつくるというのはそんな簡単なものではありません。今回は剣道部の無い中学校で剣道部をつくるためにはどうすればよいのかということについて書いていきます。
剣道部を良くしたい@
私が今の学校に勤めて9年ほどが経とうとしています。最初はだらだらしていた生徒たちばかりだった剣道部も、今ではかなりキビキビと動いて練習ができるようになりました。私の経験が、現在剣道をやっている部活や剣道教室の参考になればと思います。
剣道部を良くしたいA
私が今の剣道部の顧問になって9年がたとうとしています。最初のころと比べると部活の雰囲気はとても良くなりました。雰囲気が大きく変わったきっかけは、小さな大会での入賞でした。ここでは、結果によって部活の雰囲気を変えていくという話をします。
生徒が練習メニューを考える
私も稽古のメニューは生徒に提案してやることが多いです。しかし、稽古の地盤ができた後は、できるだけ生徒達でメニューを考えさせやるように指示しています。やらされることよりも、やろうとしていることのほうが、上達が早いです。それに自律した気持ちを持たせるためにも、稽古内容を自分達でコーディネートすることは大切です。ここでは、初心者だった生徒たちが、自分達でメニューを考えてやれるようにするまでの流れを書いていきます。
剣道部に入る経験者!
経験者といっても、私の学校に来る生徒は、レギュラーにいきなりなれるような生徒ではありません。ただ学校によっては、強い新入生が入ってきて1年生なのに夏の大会に出ていたりすることもあるでしょう。私の学校が所属する地域でも、そういった学校があり、うらやましいと感じることがよくあります。しかし、そういった学校の顧問の先生と話をすると、経験者ばかりの学校ならではの悩みもあるそうです。今回は剣道経験者が部活に入る時の注意点や、どういった問題が起きやすいのかについて書いていきます。
レギュラー争いで剣道は強くなる
レギュラー争い!そう聞くと、ギスギスしていたり、精神的にきつかったりと、悪いイメージがつきまといます。しかし、世の中で争いのない世界は、ほとんどないはずです。まあ教員は無いんですが・・・。人間というのは順位をつけられたり、他の人に負けていたりした時に、努力をしようとするものです。いや、努力ができる人間であるべきです。剣道に限らず、強豪校というのは、レベルの高い生徒達が、その中で、レギュラーを争っているものです。甲子園などで100人以上の応援する生徒を見ると、甲子園に行くよりも校内でレギュラーを取る方が難しいのではないかと感じてしまいます。今回はレギュラー争いが、強い選手をつくるという話を書いていきます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ