剣道で学べるもの【試合で勝つより大切なものとは】

剣道で学べるもの【試合で勝つより大切なものとは】

 

試合で勝つことより
大切なものはあります!

 

 


 

 

私がいつも剣道の指導をしている中で、大切にしていることがあります。
それは、

 

剣道を通して人間的に成長させること

 

 

剣道の理念にも、
「剣道とは剣の理法の修錬による人間形成の道である。」
とはっきりと明記されています。

 

この考え方が根本にあるので、大会中も
試合の勝ち負け以上に
立ち振る舞いについて厳しく指導します。

 

 

試合に勝たせてあげたい気持ちはもちろんありますし、
そのための指導もしています。

 

 

しかし、人間的な成長の部分を無視してしまっては、
部活動としては失敗だと思います。

 

 

今回は剣道部の指導で何を大切にしているかを書いていきます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

勝つチームほど、素晴らしい人間性を求められる。

 

 

たとえ大会で優勝したとしても、
不遜な態度を試合中にとったり、
挨拶や会場の片付けを全くしなかったりするチームは、
周りから認められません。

 

 

いや、むしろ強いからこそ
立ち振る舞いにも責任が出てくるのではないでしょうか。

 

 

1回戦で負けてしまうような弱いチームの態度が悪くても、まわりは

 

練習もせず弱いからそういうこともできないんだろうな。

 

 

と思って終わりです。
しかし、そのチームが優勝してしまうと

 

 

なんであんなところが優勝するんだよ。

 

と、厳しい目で見られてしまいます。

 

 

オリンピック選手や一流のプロ野球選手が不祥事を起こした時、
テレビでも取り上げられ、
世間から大きく非難されるのも同じ理由だと思います。

 

 

人は勝手なもので、
人より秀でた能力や技能を持っている人間に対して、
人間性についても同じだけ高いものを求めてしまいます。 

 

 

学年1位の成績の子が、
教師に対して少し態度が悪かったりすると
「あいつは頭がいいけど、性格の悪いやつだ」
と、職員室で話題になります。

 

 

でも、勉強ができない子が、
少しくらい態度が悪くたって、特に何も言われません。

 

 

もちろん教師として公平性に欠けるので、
これは間違っています。
しかし、世間一般の感覚としては、これが普通なのでしょう。
だからこそ、この感覚を生徒には知っておいてもらいたいのです。

 

 

部活の生徒にも剣道が上達した時こそ
自分の立ち振る舞いを見直すべきだと、伝えています。

 

 

もちろん話をするだけで、全員が素晴らしい人間性を身につけるわけはありません。
恥ずかしながら、
剣道部のレギュラーになっている生徒が、
学校に迷惑をかけるような行為をしたことも何度かあります。

 

 

しかし、言い続けることで少しずつですが、
生徒の心の奥に染み込んでいくと信じています。

 

剣道が上手になればそれでいい。
そんな考え方で指導することは、
この先も無いようにしていきたいです。

 

 

>>応援してもらえるチームになるに進む

 

 

剣道で学んだことで生きていく。

 

 

 

私が顧問を勤める剣道部が、
初めて県大会に出場したときのことです。
私の学校は予選リーグで早々に負けてしまったのですが、
せっかくなので最後まで試合を観戦していくことにしました。

 

 

その試合中私が一番驚いたのは、
県のトップチームの試合中以外の動きでした。

 

 

全く面識のない私にもハキハキと挨拶をしてくれ、
顧問の先生の指導ひとつひとつに対して
大きな声で「ハイ!」と返事をしていました。

 

 

その学校の荷物置き場は、
全ての防具袋やカバンが美しくならんでいます。
特に面などは、邪魔にならないように壁際にきれいに寄せてありました。

 

 

 

 

私もそういったことを指導してきたつもりでしたが、
この差にはショックを受けました。

 

 

大会終了後に、勇気を振り絞ってその学校の顧問の先生に話をうかがいました。
驚いたことに、その先生はまだ20代で、
私よりも10歳ほど若い顧問でした。

 

 

年下のその先生は、
恐縮した感じで色々と話をしてくださいました。
その中で、私が一番心に残った言葉は、

 

 

剣道で食べていく人間ではなく、
剣道を通して学んだことで食べていける人間を育てたい。
という言葉でした。

 

 

全国大会に出場しようが、
剣道で高校に進学しようが、
最終的に剣道で食べていける人間なんて本当に一握りです。

 

 

しかし、剣道で学んだ挨拶や返事、
整理整頓といったことは、一生役に立つものです。
それから私の学校でも合い言葉は

 

 

挨拶、返事、整理整頓

 

 

これは武道場の入り口にいつも張ってあります。
まだまだですが、生徒も意識してやってくれています。

 

 

剣道を通して人間的に成長していく
剣道を通して学んだことで生きていく

 

 

この2つを大切にしながらこれからも指導していきます。

 

最後に・・・

 

 

実はこれらの指導を大切にするようになったのにはもうひとつ理由があります。
サッカー部の顧問時代の友人からすすめられ、

 

 

ボトムアップ指導で有名な名監督畑喜美夫さん
の本を読み、セミナーで話を聞き、

 

 

そこで学んだことが指導の
重点目標を変えるようになったきっかけになりました。

 

 

この話は長くなるので今回はやめておきますが、
どの世界でもトップチームというのは、
その競技だけをつきつめているわけではないことを知れました

 

 

チームスポーツのサッカーとは違う部分がありますが、
一度組織づくりという観点で、
畑先生の本を読んでみてはいかがでしょうか。

 

 

>>最後は生徒が練習メニューを考えるようにするに進む

 

 

学びを続け稽古をしましょう!

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

剣道の魅力を語ります

 

>>剣道に興味のある人へに戻る

こちらもよく読まれているページです

剣道を始めたい人へ
剣道を始めたいと思う人の理由は色々とあります。始めるにあたって、悩みや不安もあると思います。しかし剣道を通して学べるものは数えきれません。
剣道の良いところ
サッカーや野球と比べたらかなりマイナーな剣道という競技。でもほかの競技には無い魅力がたくさん剣道にはあります。また、剣道を通して身につくものもたくさんあります。
中学生から剣道を始めたい
私の学校には、毎年初心者の生徒がたくさん入ってくれます。というか、ほとんど初心者なので、経験者がきてくれると嬉しいのですが・・・(笑)別のページにも書きましたが、初心者ばかりの私の学校でも気持ちと努力次第で、十分経験者と同じように戦えるようになっていきます。しかし、そうはいっても、毎年5月に新入部員を対象に行う部活動懇談会では、保護者から不安の声が毎年のようにあります。今回は中学生から始めても大丈夫という話と、むしろ中学生から始めたほうが良いこともあるという話をしていきたいと思います。
剣道をやめたい人へ
剣道は冬は寒いし、夏は暑い。打たれたら痛いし、しんどいこともたくさんあります。 でもせっかく始めた剣道。やめるのはもう少し待ってみませんか?
剣道が上達する方法
剣道を上達させるのは、長い練習時間や厳しい練習だけではない。剣道を意識して生活することが何より大切。家でもできる剣道の練習方法などを紹介。
剣道部の顧問ってどんな人
最近は体罰などがニュースでよく流れる剣道部の顧問。そんな剣道部の顧問に不安や疑問を持つ人も多いと思います。私が出会った剣道部の顧問の先生をもとに、少しだけ顧問について紹介します。
剣道女子の髪型
どんな髪型でも面をかぶれば一緒ですが、髪型によって面をかぶりやすかったり、髪型が崩れにくかったりするものがあるのは確かです。ここでは剣道女子の髪型はどんなものが適しているのかについて書いていきます。
応援旗や手ぬぐい!
剣道を始めたい、やめたい、強くなりたい。習ったらどんないいことがあるの?良いところは? どんなことでも剣道に興味のある人はぜひ見てください。
剣道に身長は関係あるのか?
私は小学生のころ、背が低くて背の高い年上の子と稽古をすると、体格差のせいで面を打つことができず、悔しい思いをしました。しかし、身長差があるから試合で勝てないかというとそういうわけではありませんでした。背が低いなら低いなりに戦い方を考えて、足を使って下を攻める剣道のスタイルに変わっていきました。剣道は対人競技にしては珍しく、体格差がそれほど試合の結果に影響しません。と、いわれていますが、中学生に関して言えばやはり体格が剣道に影響すると言わざるを得ません・・・。今回は剣道における体格差について書いていきます。
六三四の剣でやる気アップ!
ある時、私の好きな剣道マンガをモチベーションの下がっている生徒に貸してあげたことがあります。(本来学校にマンガを持ってきてはダメです笑)休み明けにその生徒は、すっきりしたような顔で稽古に取り組んでいました。剣道をやっていない時に、剣道を頑張っている人のマンガを読むことが効果的だということを、その時に初めて知りました。ここでは、私が生徒に時々薦めている、私の好きな剣道マンガ六三四の剣を紹介します。
公立中学校で全国制覇!
江島良介という人物をみなさんはご存知でしょうか?恥ずかしながら、私は全く存じ上げませんでした。時々読んでいる剣道日本に連載されていた記事を読んで、初めてこのような先生がいらっしゃるということを知りました。私が知る限り、公立中学校の剣道部顧問で江島先生以上の先生は、おそらく後にも先にも出てこないでしょう。それくらいすごい指導者としての戦績を残しています。今回は私が尊敬する(といってもお会いしたことは無いです)江島良介先生について書いていきたいと思います。
17回世界剣道選手権大会の感想
剣道の世界大会は、1970年より、剣道の国際的普及を目的に、3年に一度開かれる大会です。前回大会は日本で開かれ、見事優勝をしました。今回は宿敵韓国で開かれるということで、かなり厳しい戦いになることが予想されていました。ちなみに2006年大会以外は、日本はすべて優勝しています。結果から言うと、男女個人団体ともに、すべて日本が優勝しました。ただ、今回の試合を見て、色々と思うところがありましたので、少し書かせてもらおうと思います。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ