初心者こそ早めに試合を経験せよ!

初心者こそ早めに試合を経験せよ!

できるだけたくさんの試合をしよう!

 

 

 


 

 

毎日の稽古の中で、
初心者は特に基本打ちを中心に、
練習をしている人も多いでしょう。

 

 

基本打ちは基本はもちろん試合を意識した練習だと思います。
それらの練習をすることで、より良い結果につながっていくでしょう。

 

 

しかし、練習をどれだけしても試合でそれが出なければ意味がありません。
普段の練習と同じようにやろうとしても、やはり
試合には試合なりの緊張感や動きがあるのです。

 

 

特に初心者はここがなかなか分かりません。
ここでは練習中に試合を導入することによる効果について書いていきます。

 

初心者と経験者の大きな差はどこ?

 

 

試合に勝つために必要な練習は何か?

 

と聞かれたら、私は

 

試合をすることです。

 

と答えます。(笑)
特に中学校から始めることの多い私の学校の生徒達は、
試合経験をどれだけ積ませたかが最後にでてきます。

 

 

初心者から始めた生徒は、
経験者と比べると圧倒的に試合経験値が足りません。
特に大会での試合は、初めて出場してから引退するまで2年間もありません。

 

 

私が思う初心者と経験者の圧倒的な差はここにあると考えています。
さらにこの差は普段の練習にも出てきます。

 

 

試合経験の無い生徒は、ただ漠然と面を打っているところを、
経験者の生徒は間合いや足運びを意識しながら打つことができます。
たったそれだけの差でも、
毎日の練習になると大きな差がついていってしまいます。

 

 

できるだけ早い段階から、試合を意識した練習をするためにも、
積極的に試合を組んでやらせていかなければなりません。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

初心者に対する試合での指導

 

 

初めて試合をした生徒は、
ほぼ全員自分の力を発揮できずに終わります。試合前に、

 

とりあえずまっすぐ基本通りに打っていけばいいよ

 

というアドバイスをしても、体が緊張して動かず、
打っていくことすらできません。
そして、そこで悔しい思いをして学ぶのです。
この経験はできるだけ早めにしておいたほうがいいでしょう。

 

 

私は毎年夏休みの終わり(初めて4カ月ほど)
に部内戦をやることにしています。

 

 

相手は一つ上の学年の、あまり上手ではない生徒を選ぶようにしています。
1年生でも、4ヶ月もいれば何となく先輩の実力順は分かっています。
この試合で、その相手にすらも手も足も出ないことを実感させます。

 

 

負けず嫌いな子は悔しくて涙を流すこともあります。
そういった子は強くなれます。

 

 

できないのは分かってやらせたのですが、私は
全く動けなかった生徒達を厳しく指導することにしています。

 

 

この4カ月の練習はいったい何だったのか。
声を出すこともできないなんて話にならない。
逃げているだけだったら、剣道部の子じゃなくてもできる。

 

 

かなりきつめの口調で言います。
(もちろんその指導をしても大丈夫だという確信をもってですが)

 

 

そうすることによって、2回目の試合は見違えるほどよくなります。
できないなりに、積極的に打っていくようになります。
必死に何とか頑張ろうとします。

 

 

そこでしっかり褒めてやることで、
さらに次の試合につながっていくのです。
また、普段の稽古中でも試合の場面を想定しながら話をした時に、
理解度が変わっていきます。

 

 

試合ができるようになるまで待っていては、いつまでたっても試合はできません。

 

 

初心者こそ積極的に試合を組んであげましょう。

 

 

初心者に試合をどうやってやらせるか。

 

 

 

たくさんの試合経験を積ませたいのなら、
練成会などの大きな練習試合に出かけることが一番です。
同じ時間で、20試合ほど経験できますからね。

 

 

しかし、残念ながら初心者を練成会に連れて行くのは難しいです。
なぜならほとんどの場合生徒審判なので、
初心者の子は審判が全くできないからです。

 

 

>>審判をして一本を知るに進む

 

 

ではどうするか。もっとも手軽なのは部内戦です。
部活の練習中に試合を組んでやるのです。

 

 

これのデメリットは、私の学校のように
武道場が1面しか試合場をとれない場合、
他の練習が全てストップしてしまうことです。

 

 

もし2面とれる武道場ならば(うらやましい!)
上級生の練習と分けてやるのも効果的でしょうね。

 

 

しかしいつも同じ相手では、緊張感も無くなってきてしまいます。
そこで練習試合の時に、初心者を連れていく
(もしくは連れてきてもらう)のも手の一つです。

 

 

そうすれば、休憩中や試合の合間に、初心者の子たちも試合をすることができます。
もちろん相手の学校の先生と事前に話し合う必要があります。

 

 

初心者にとっては、試合ひとつひとつが貴重な経験になっていきます。
また、試合での指導が一番浸透しやすい時期でもあります。
ぜひ試合を積極的に組んで、剣道の上達を目指しましょう。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

初心者でも強くなれる!

 

>>剣道初心者の稽古法に戻る

 

>>剣道の試合に勝つ方法に進む

こちらもよく読まれているページです

剣道の基本は声【声の特徴】
剣道で絶対的に必要なもの。それは声です。 しかも歌のようではなく、剣道に向いている声の出し方というものがあります。
大きな声を出す雰囲気づくり!
声を出さない、出す気がない生徒というのも、顧問を始めた最初のころは、少なくない人数でいました。正直言えば、かなりお手上げ状態だったのを覚えています(笑)声出す気がないなら剣道やらなくていいよそんな言葉がいつも喉まで出かかっていました・・・。今回は声を出す気が無い生徒に、当時私がどのように対応したのか声を出すのが当たり前の現在にどうしてなったのかを、書いていきたいと思います。
左足が開く原因!
足さばきに注意してみた時に、見つけるクセの一つに、左足がまっすぐではなく、左に開いているという状態です。初心者で左足が開いている子の多くは、打突した時に少し右に体が開いてしまいます。蹴り足である左足が開いているので、当然と言えば当然ですね。剣道においてまっすぐに打っていくというのは、とても大切なことです。今回は左足の開きが起きる原因と、その直し方について書いていきます。
新チームのルールを徹底!
学校では3月に卒業式があり、4月に始業式が行われます。4月の最初にどれだけ生徒に多くのことを定着させられるかが、1年間のクラスを決めるといっても過言ではないくらい、クラスのスタート時は大切な時期です。3年生の先輩が涙を流した記憶が新しい状態でそのまま新しくスタートできる部活動において、新チームのスタート時がある意味、一番モチベーションが高い時期かもしれません。ここでは新チームのスタートの大切さについて書いてきます。
剣道の基本は声【練習方法】
剣道で必要なもの。それは大きな声です。大きな声は誰でも出せます。ただ、出し方を忘れてしまっているだけです。声が小さくて悩んでいるひとは、ぜひ声の出し方の練習をしましょう。
剣道に筋トレは必要か?
ここでは剣道に適した体型や、剣道をやるうえで最低限必要な筋力とは何か。筋トレは剣道で必要なのか。といった剣道をやるうえで大切な筋肉について書いていきます。
剣道での男子と女子の違い
男子には男子の女子には女子に適した指導方法というものがあります。特に女子の場合は指導方法を考えなければ、中々強くなることができません。ここでは、私が感じている男子と女子の剣道の違いと、それが起きる理由について書いていきます。
剣道男子の指導方法のコツ
ある程度の雑さが男子の指導では大切です。あまりにもきめ細やかに指導しようとすると、思い通りにやらない男子にイライラしてしまいます。ある程度自分たちに任せながら、ポイントを押さえて指導する。これが男子の指導で大切な部分です。
剣道女子の指導方法のコツ
私が剣道部の顧問になって、最初にぶつかった壁は女子の指導でした。私が男だからでしょうか技術指導ももちろんそうですが、生活指導面でもかなり手を焼きました。しかし、指導を続けていく中で、自分なりに女子部員の指導のコツが見えてきました。
剣道を楽しんでやるコツ
私自身選手時代は、練習前に憂鬱な気分になることが多かったです。しかし、それでも剣道を続ける人がいるのは、楽しい部分があるからなのです。ここでは剣道を楽しく続けるコツを紹介します。
初心者の足さばき指導!
剣道の動きの基本は大きく振りかぶり打突を踏み込みと同時に行うというものです。私はこの基本を両方なくした状態で初心者に指導しています。こういう書き方をすると基本を無視しているように感じるかもしれませんが、そうではありません。基本を大切にしたいからこそこの2つをあえて初心者指導から除いているのです。今回はこの指導方法とそれをする理由を書いていきます。
気剣体の一致をやめる?
剣道において一本の基準、つまり有効打突の基準は気剣体の一致であると言われています。気とは充実した気勢剣とは正しい竹刀操作体とは体勢のことで正しい踏み込みこの3つが気剣体です。大きな声で刃筋正しく踏み込んで打つという部分は大切です。これが無ければ一本の基準に達しないでしょう。しかし、足の踏み込みの一致という部分は、私の感覚として必要ないと思っています。足の踏み込みを一致させなくても良い理由を紹介します。
初心者が悩む足の踏み込み
初心者が毎年10人くらい入ってくる私の学校の剣道部ですが、剣道ノートに書かれている悩みには、毎年同じようなものがあります。その中でも、足の踏み込みについては、必ず質問されますし、最初にぶつかる壁です。剣道の言葉で一眼二足三胆四力という言葉があります。今回は初心者の踏み込み練習について紹介します。
剣道のセンスって?
みなさんの周りにも「センス」という言葉で、評価されている選手がいるはずです。ただ、気を付けてもらいたいのは、「センス」という言葉だけで評価してしまうことで、その選手の良さやクセをひとくくりにしてしまうことです。そもそも、「センス」という言葉を安易に使うこと自体、私はあまり好きではありません。かといって「センス」というもの自体が存在しないかというと、そういうわけでもありません。今回は剣道におけるセンスとは一体何かということについて書いていきたいと思います。
剣道が上達する考え方!
剣道は簡単に上達しない。一回の稽古じゃ何も変わらない。そんな言葉をよく耳にしますが、私は違うと考えています。逆に言うと毎日毎回の稽古の中で、変化したものが何もないことがありえません。私の学校の生徒には、剣道ノートを通じて、本日の課題を明確にさせるようにしています。そうした課題とは別に、大きな目標も設定させます。大きな目標を達成するために、細かい課題を毎日少しずつ解決していく。そういった考えかたが、成長を促します。今回は剣道を上達するための考え方について書いていきます。
剣道で打突の姿勢をよくする方法?
構えた時に姿勢が悪い選手の多くは、やはり結果もあまり良くないように感じます。実際に県大会以上の上位大会の選手は、立ち姿が美しい選手が多いです。立ち姿が悪いというのは見た目だけではなく、 姿勢が悪いまま打突をした場合、必ずと言っていいほど、打突の姿勢が悪くなります。剣道の有効打突の条件に、適正な姿勢をもってという言葉があるように、有効打突にもつながっていくのです。今回は姿勢が良いことによる剣道のメリットと、姿勢の強制方法について書いていきます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ