剣道部の保護者!保護者は子どもの応援団

剣道部の保護者!保護者は子どもの応援団

 

 

保護者も一緒に成長して!

 

 


 

 

私が剣道部の顧問になったころ、
練習試合などでお金がかかったり、
送迎をお願いしたりすると、
保護者の方からあまり良い顔をされませんでした。

 

 

そうなると、なかなか生徒を錬成会に連れていったり、
練習試合に行ったりすることが難しくなってきます。

 

 

現在は保護者の方もすごく協力的です。
中には練習試合や合宿に行った時にも、
差し入れを持ってきて下さる方もいます。

 

 

現在の学校の部活では、
保護者の方の理解と協力が無いと
生徒が成長する場を与えてあげることが難しくなっています。

 

 

今の時代、生徒を顧問の車に乗せることは禁止されていますし、
電車で移動するにもお金がかかります。
保護者の協力あっての部活なのです。

 

 

今回は保護者と部活の関係と、
協力してもらうために私が実践していることについて書いていきます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

剣道部と保護者の関係

 

 

私の学校の場合、入部してくれる生徒のほとんどは、
剣道のことを全く知らない初心者ばかりです。
生徒が剣道を全く知らないので、
保護者の方もそれまで剣道を見たことが無い人ばかりです。

 

 

剣道のことを全く知らない保護者の方も、
自分の息子や娘が一生懸命やっている剣道に
興味を持ってくれる方が多いです。
保護者の中には、一緒に剣道を始める人も時々いらっしゃいます。

 

 

>>剣道を始めたい人必見!に進む

 

 

剣道に興味を持ってくれている保護者の方は、
大会などでも熱心に応援してくれるので、
結果がついてこれば、ますます協力的になってくれます。
現在の剣道部はそういった保護者の方が多いです。

 

 

私の学校にはいませんが、
剣道をバリバリやっている保護者の方も中にはいらっしゃいます。
休日の稽古などは防具を持ってきて、
一緒に指導してくださる方もいるそうです。

 

 

しかし、そういった保護者の中には、
顧問の稽古メニューや、時には選手選考にまで
意見を言われる方もいるそうです。

 

 

そうなってしまうと、顧問との関係が悪くなり、
顧問の部活に対するモチベーションも下がってしまいます。
中にはやる気のない顧問の先生に嫌気がさして、
保護者の方が出てくる場合もあります。

 

 

しかし、形はどうあれ顧問の先生が熱心に指導している場合は、
気になるところもあるかもしれませんが、
見守るようにしたほうが結果的には良いと思います。

 

 

しかし、体罰など、どうしても気になるようなことがある場合
必ず早めに動くようにしてください。

 

 

>>剣道部と体罰に進む

 

 

剣道部を応援する方法

 

 

中学校ではあまりありませんが、
時々お揃いのTシャツなどを保護者まで着ている剣道部を見ます。
中には嫌々な人もいるかもしれませんが(笑)
その姿を見ると、保護者が本当に応援してくれているのだと感じます。

 

 

もちろん私の学校ではそういったことはありません。
しかし、いつも練習試合に来た時に
子どもの試合をビデオで撮ったり、
最後まで見ていってくださったりする保護者の方を見ると、
とても嬉しく思います。

 

 

以前別のところで書きましたが、
部活の仕事というのは、
基本的に教師のボランティアによって成り立っています。

 

 

ボランティアをした時に一番うれしいのは、
感謝や応援だと私は考えています。
保護者の方からのお礼の言葉や応援してくださる姿に、
いつも私も勇気づけられています。

 

 

>>中学校の部活はブラックかに進む

 

 

剣道という競技を選んだ子ども、
そしてその子どもが所属する剣道部を精一杯応援することで、
巡り巡って子どもの良い成長につながるのではないでしょうか。

 

 

保護者同士の関係

 

 

 

保護者の中には、車を持っていなかったり、
免許が無かったりする方もいます。
そういった家の生徒は、基本的に
別の保護者の車に乗せてもらうことになります。

 

 

そうなった時に、保護者同士が良い関係であれば、
特に問題は無いのですが、そうでない場合はトラブルの原因になります。

 

 

私のほうでも、車代を集めたり、
乗せてもらう生徒に礼を尽くすように伝えたりすることはできますが、
保護者同士の関係まではどうすることもできません。

 

 

そこで、例年2回ほど保護者の方に集まってもらい、
ざっくばらんに話し合ってもらう場を用意しています。
日頃思っていることや考えていることをアンケートに書いてもらい、
それについてみなさんに話し合ってもらいます。

 

 

また、その後練習を見学してもらい、
昼食も一緒に食べる場を用意しています。
こういった場は顧問との交流もありますが、
保護者同士の関係をつくることが一番の目的です。

 

 

保護者の関係が良くなれば、少々のお願いも聞いてくれますし、
保護者の方同士でお礼を伝えることもできます。
その中で無用なトラブルも回避できます。

 

 

もちろんそういった機会の無い部活がほとんどでしょうし、
私も他でそういった会を開いている学校をきいたことがありません。
しかし、保護者の方同士が積極的に交流をはかれば、
このような会がなくても保護者同士で良い関係をきずくことは可能です。

 

 

保護者同士の関係を良くすることで、みんなで剣道部の応援団になってくれます。
保護者に協力してもらい部活をどんどん盛り上げていくことが、
生徒の成長につながります。

 

 

最後に

 

 

保護者の方に協力していただくため、
必ず私も保護者の方に感謝を伝えます。
大会の時にも、練習試合の時にも
必ず私のほうからお礼を言うようにしています。

 

 

いつも生徒にも保護者の方に感謝するように伝えています。
なかなか中学生がそれで感謝の気持ちを素直に言えるようにはなりませんが、
その話を周りで聞いている保護者の方は、
私の気持ちを受け止めてくれています。

 

 

保護者の協力が無ければ成り立たない剣道部。
そこをしっかり心にとめて私も顧問をしていきたいと考えています。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

顧問としての考え方あれこれ

 

>>指導者の考え方に戻る

 

>>剣道初心者の稽古法に進む

こちらもよく読まれているページです

今の中学生に必要なものは
大人から厳しく指導されたり、あきらめずに最後までやり抜いたりすることの苦手な子は、昔より確実に増えています。しかし、大人になって社会に出た時に、それは通用しないのです。私が剣道部の役割として大切なのは、そういった生徒たちの普段の生活の中に足りていないものを補うことだと思っています。
部活で全力を出す!
一度でも全力を出したことのある人間は、その後も全力を出すことができます。自分の限界点を見ることができるからです。しかし、多くの生徒(世の中のほとんどの人)は、全力を出したことがありません。全力を出させるには、全力とはこういうものだと、無理やり生徒にやらせる方法もありますし、生徒自身が限界点をあげていく方法もあります。ここでは生徒の全力を引き出すために、私が行っている方法について書いていきます。
荷物整えない生徒達
生徒がアップをしていたり、休憩して別の場所に移動したりしたときに、荷物のチェックに私は行きます。もし汚い状態で荷物を置いていた場合は、必ず呼んできれいにさせるようにしています。なぜ私がそこにこだわるのか。それをやることでどういった良いことがあるのか。ここでは自分の持ち物をきれいに並べることの大切さについて書いていきます。
剣道部と体罰
剣道部の顧問が体罰をしたというニュースが年に1回くらい流れます。表に出ていないだけで、もっと多くの体罰があると思われます。ここでは剣道と体罰の関係について、私なりの考えを書いていきます。
部活での越境入学ってどうなの?
公立中学校の強豪校の中には、越境入学をしている生徒が在籍している場合があります。本来ならば、その学校ではない学校に行くはずの生徒が、様々な手段を使って、強豪校に入学するのです。そういった方法で学校を変わる生徒は、剣道の上手な子がほとんどでしょうし、すぐに越境入学の噂が広まります。今回は公立中学校と越境入学について書いていきます。
剣道部をつくるには!
剣道部に入りたいと思っている人のなかで、進学する中学校に剣道部が無く、困っている人も多いと思います。剣道部はマイナーな競技なためか、潰されてしまうことが多い部活です。剣道部が無いのなら、ぜひ作ってほしい!そう思う保護者の方も多いと思います。しかし、部活をつくるというのはそんな簡単なものではありません。今回は剣道部の無い中学校で剣道部をつくるためにはどうすればよいのかということについて書いていきます。
中学校の部活はブラックか
最近ブログやツイッターを中心に、中学校の部活動のありかたについて議論がでてきています。ブラック企業ならぬブラック部活なんていう言葉もでてくるほどです。ここでは中学校の部活動をどうするべきなのか、ということを書いていきます。
剣道部を良くしたい@
私が今の学校に勤めて9年ほどが経とうとしています。最初はだらだらしていた生徒たちばかりだった剣道部も、今ではかなりキビキビと動いて練習ができるようになりました。私の経験が、現在剣道をやっている部活や剣道教室の参考になればと思います。
剣道部を良くしたいA
私が今の剣道部の顧問になって9年がたとうとしています。最初のころと比べると部活の雰囲気はとても良くなりました。雰囲気が大きく変わったきっかけは、小さな大会での入賞でした。ここでは、結果によって部活の雰囲気を変えていくという話をします。
生徒が練習メニューを考える
私も稽古のメニューは生徒に提案してやることが多いです。しかし、稽古の地盤ができた後は、できるだけ生徒達でメニューを考えさせやるように指示しています。やらされることよりも、やろうとしていることのほうが、上達が早いです。それに自律した気持ちを持たせるためにも、稽古内容を自分達でコーディネートすることは大切です。ここでは、初心者だった生徒たちが、自分達でメニューを考えてやれるようにするまでの流れを書いていきます。
剣道部に入る経験者!
経験者といっても、私の学校に来る生徒は、レギュラーにいきなりなれるような生徒ではありません。ただ学校によっては、強い新入生が入ってきて1年生なのに夏の大会に出ていたりすることもあるでしょう。私の学校が所属する地域でも、そういった学校があり、うらやましいと感じることがよくあります。しかし、そういった学校の顧問の先生と話をすると、経験者ばかりの学校ならではの悩みもあるそうです。今回は剣道経験者が部活に入る時の注意点や、どういった問題が起きやすいのかについて書いていきます。
レギュラー争いで剣道は強くなる
レギュラー争い!そう聞くと、ギスギスしていたり、精神的にきつかったりと、悪いイメージがつきまといます。しかし、世の中で争いのない世界は、ほとんどないはずです。まあ教員は無いんですが・・・。人間というのは順位をつけられたり、他の人に負けていたりした時に、努力をしようとするものです。いや、努力ができる人間であるべきです。剣道に限らず、強豪校というのは、レベルの高い生徒達が、その中で、レギュラーを争っているものです。甲子園などで100人以上の応援する生徒を見ると、甲子園に行くよりも校内でレギュラーを取る方が難しいのではないかと感じてしまいます。今回はレギュラー争いが、強い選手をつくるという話を書いていきます。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ