切り返しのやり方【基本】その目的と効果とは?

切り返しのやり方【基本】その目的と効果とは?

切り返しには剣道に大切なことがつまっている!

 

 

 


 

剣道を少しでもやったことのある人は
聞いたことのある、切り返し。
稽古の最初と最後に導入しているところも多いでしょう。

 

 

剣道の段審査の中でも、筆記試験で
切り返しの目的と効果について問われることがあります。
それほど剣道において切り返しというものは、
基本的な動作を習得するために大切なものであると考えられています。

 

 

今回は剣道の基本ともいえる
切り返しの目的、効果についてお話します。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1365564456360931"
data-ad-slot="2764597430"
data-ad-format="auto">

 

 

切り返しは何のためにやるの?

 

剣道の稽古法は色々あります。
しかし、どの地域に行っても切り返しだけは
必ず決まった形で行われます。これは

 

 

「切り返し」という稽古法が全日本剣道連盟によって統一
されていることが理由です。

 

 

全日本剣道連盟が発行している
「幼少年剣道指導要綱」によると切り返しの目的は

 

 

「構え(姿勢)」
「打ち(刃筋や手の内の作用)」
「足さばき」
「間合いのとり方」
「呼吸法」
「強靭な体力」や「旺盛な気力」などを養い
「気・剣・体一致の打突」の習得

 

 

とされています。
たくさん盛り込まれていますが、そ
れだけ切り返しの中には多くの大切な要素が含まれているのです。

 

 

 

 

指導上の留意点としてもいくつかあげられていますので、
抜粋して下に書くと。

 

〇初心の段階では、特に「動作を大きく」「正確に」おこなうことを旨として、いたずらに速いことをのぞまず、「ゆっくりと確実に」おこなわせること。

 

〇肩の余分な力を抜いて柔軟に左右平等の打ちになるようにおこなわせること。

 

〇連続左右面打ちの角度が45度ぐらいになるようにおこなわせること。

 

左こぶしは常に正中線上を移動するようにさせること。

 

 

と、切り返しでのポイントがいくつも書いてあります。特に初心のうちは
大きくゆっくり正確にという部分は大切にしたい
ポイントです。ここで正しい打ち方を学べれば、
その後はスピードを上げたり、打突を強くしたりすればいいのです。

 

 

昔から切り返しってあったの??

 

切り返しで得られるものは、
先ほどの「幼少年剣道指導要綱」に書いてあるのですが、
北辰一刀流開祖千葉周作の言葉が
切り返しで得られるものについて記述したものがあります。

 

 

「切り返し十徳」
第一 業烈しく早くなる事
第二 打ち強くなる事
第三 息合ひ永くなる事
第四 腕の働き自由になる事
第五 身體輕く自在になる事
第六 寸長の太刀自由に遣はる丶事
第七 臍下納まり軆崩れざる事
第八 眼明らかに成る事
第九 打ち間明らかに成る事
第十 手の内軽くさえ出る事

 

 

昔から同様に切り返しの効果が語られていたことがよく分かります。
江戸時代のころから切り返しというものが存在して
稽古法として重要だと考えられていたのです。

 

 

切り返しを稽古に積極的に取り入れることは、
剣術の流れからも非常に重要なのです。

 

 

切り返しに体当たりは必要?

 

 

多くの指導者の方は切り返しの最初の面を打った後、
必ず体当たりをするように指導すると思います。
私もそのように指導していました。

 

 

しかし、ある時県警の特練員の方と話していると、
特練では体当たりの指導をしていないことをしりました。
切り返しの体当たりについてその方はこんなことをおっしゃっていました。

 

 

 

体当たりはしなくていいですよ。
面を打った後の伸びも無くなるし、腰に負担もかかりますからね。

 

やるなら気当たり(気持ちで当たっていき、体は当てない)で、受け手も少し下がってあげるくらいのほうがいいですよ。


 

確かに、初心者の子は打突後に体当たりさせると、
すぐに手を引っ込めるクセがついてしまいます。一方、

 

 

気当たりならばしっかりと手を伸ばして前に出られるようになります
何より、体当たりを繰り返し行うのは、
成長期の中学生の体にかなりの負担
になってしまいます。

 

 

下の動画は神奈川県警の特練の稽古風景を撮影したものです。
動画の最初に切り返しをしますが、
体当たりではなく気当たりなのが分かると思います。

 

 

 

 

その話を聞いてからは、初心者のうちは切り返しの時に体当たりをさせず、
気当たりでさせるようにしました。

 

 

ある程度できるようになったところで、体当たりを教えたほうが、
よっぽど上手に体当たりできることも知りました。
普段の切り返しも基本的には気当たりでやるようにしています。

 

 

しかし、段審査などでは
多くの人が体当たりの切り返しをしていますので、
体当たりの切り返しも知っておかなければなりません。

 

 

そういった理由で、体当たりの切り返しも
時々稽古に取り入れて指導するようにしています。
もちろん体当たりの技は別で扱っています。

 

 

ちなみに、剣道指導要綱の中に、
体当たりについての記述はありません。つまり
無理に体当たりをする必要はないのです。

 

 

腰を痛めている人は、相手にお願いして
気当たりにしてもらうのもいいかもしれませんね。

 

 

剣道の基本ともいえる切り返し。
毎回の稽古でやるものだからこそ、
こだわって上達していきましょう。

 

 

>>弱小剣道部が強くなった秘密

 

 

稽古に臨みましょう

 

>>稽古メニュー内容に戻る

 

>>初心者の練習方法

こちらもよく読まれているページです

切り返しも種類がたくさん!
私の学校では切り返しにたくさんの時間を使っています。なぜかというと、切り返しの中には剣道において大切なことがたくさん詰まっているからです。しかし、毎回同じ切り返しだけを延々と繰り返しては、生徒も飽きてしまいます。一口に切り返しといっても種類がたくさんあります。ここでは練習にぜひ取り入れてもらいたい切り返しの種類について紹介します。
剣道部の目的別稽古メニュー
その年、その年で足りない部分が違うので、常にではありませんが、よく全体の強化練習として取り入れるのは以下のものです。1打突後に足と体が止まってしまい、体が前に出ない2相手の技を避けるだけで応じ技が出せない。こちらに特化した練習方法を紹介します。
剣道部の稽古メニューの組み方
剣道の稽古と一口に言っても、内容は様々です。稽古中にはたくさんの練習内容が入っています。素振りや足さばきの練習も大切なのですが、中学校の部活だと冬の時期などは、中々時間が取れません。私の学校では、強化する部分を中心とした稽古メニュー作りと時期によるベースとなる稽古メニューを組み合わせて行っています。今回は私の学校の練習メニューを簡単に紹介したいと思います。
グループで行う稽古メニュー!
剣道は対人競技ですので基本的に稽古は2人組で行います。一般的に回り稽古と呼ばれる稽古方法で練習しているところが多いでしょう。私の学校でも基本打ちなどは基本的に回り稽古で行っていますし、全体に指示を出したりする時にはやりやすい稽古方法です。しかし効率を考えると、あまり良くはありません。1回1回相手を変えて行うため時間のロスがかなり生じます。冬場などの時間がない時には、連続して生徒達に行わせた方が運動量や稽古量を確保できます。今回はグループで行う効率的な稽古方法を紹介します。
ラダートレーニングの利用
最近では剣道部にもラダートレーニングを積極的に取り入れている学校も多いようです。実際に私の学校も朝の練習時間に筋トレと同時にラダートレーニングを取り入れています。サッカーやラグビーと同じラダートレーニングを剣道に取り入れても、もちろん効果はあります。しかし、剣道独特の動きに合わせたラダートレーニングを取り入れることでより効果的な稽古をすることができます。
剣道ノートの活用方法!
剣道ノートという言葉を聞いたことがありますか?簡単に言えば、自分の剣道についての内容を一冊のノートにまとめていったものです。つまり剣道に関する自分の日記のようなものです。私の学校では、毎日朝練集の時間に生徒に剣道ノートを提出させています。そのノートに朱書きを入れて、生徒にはその日のうちに返却しています。正直言うと、読むのに時間がかかりますし、手間のかかるものではあります。しかし、剣道ノートを通して生徒の成長を見ることができたり、生徒が悩んでいることを把握できたりします。ここでは私が学校で取り入れている剣道ノートについて紹介していきます。
武道場で一番練習できること
剣道の稽古は、広い武道場や体育館で行うのがやはり大切です。せっかくの武道場や体育館での稽古。そこでしかできない練習をすることが大切です。 ここでは私が考える武道場や体育館でこそ、積極的に練習すべきことを書いていきます。
社会体育として登録
私の住む地域でも土日の部活動が制約されてしまい月に4日は土日や祝日などの部活動を休みにしなくてはならなくなりました。時代の流れとして仕方のないことかもしれませんが、私のように部活をできればやりたいと考えている教師にとっては、この制約はかなりの痛手となっています。そこで私は部活動とは別に社会体育としての剣道教室を立ち上げることにしました。部活動ではなく社会体育として全く別物の扱いで行うというものです。今回の社会体育についての内容は時代の流れや 教師としての立場としては間違っている行動かもしれません。しかし、もっと部活動をやりたいと考えている人へのひとつのアドバイスとして紹介していきたいと思います。
妹尾舞香選手から学ぶ女子剣道
ミライモンスターという番組をご存知ですか?私も時々見るのですが、将来有望な若い選手を紹介する番組です。その中で中村学園の妹尾舞香選手の特集がありました。妹尾選手の強さやすごさはもちろんですが、私は剣道部の練習を見て、女子指導のポイントを改めて考えました。

サイトTOP 弱小剣道部が強くなった秘密 お問い合わせ